仕事

「何でもいいから仕事見つけてこい!」夫がコロナ解雇…妻たちの叫び

 新型コロナウイルスの影響による解雇や雇い止めに齒止めがかからない。厚労省は6月5日、コロナ関連での解雇が2万人を超えたことを発表。今、労働市場では何が起きているのか? 解雇にあった当事者の声、そして専門家の分析とともに、コロナ解雇の最前線を追った。

夫がコロナ解雇された! 妻たちの緊急事態座談会

コロナ解雇の衝撃●夫が54歳で無職に。冷めた家庭は崩壊寸前 ▼秋吉涼子さん(仮名・50歳) 夫はプラ製品製造会社にて部長級(年収800万円)だったが会社が倒産。自身はクリーニング店でパート勤務。19歳の息子が浪人中 ●貯金はほぼゼロなのに、夫婦そろってコロナ解雇 ▼高梨由美さん(仮名・44歳) 夫は居酒屋の雇われ店長(年収650万円)。自身も同じ居酒屋でアルバイトしていたため、夫婦そろって無職に。7歳の子供が1人 ●夫に発破をかけ続け、自己都合退社を回避 ▼松田真弓さん(仮名・38歳) 不動産会社でコンサルとして働いていた夫(45歳・年収700万円)がコロナ解雇されたばかり。自身は2歳の子供を持つ専業主婦

「我が家の緊急事態宣言は、いつ解除されるの!?」

コロナ解雇の衝撃

月の食費3万円以内を目標に、細かくつけられた由美さん一家の家計簿。「見て、もやしと豆腐と鶏むね肉ばっかり!」(由美さん)

 コロナ解雇は家族の人生に大きな影響を及ぼす。ここでは「夫がコロナ解雇された」奥様3人に集まっていただいたが、抱える不安や怒りはさまざまのようで……。 涼子:みんな、夫から解雇はどう告げられた? ウチはLINEで「来月から無職です」というひと言だけだったから、「大事なことをLINEのひと言で済ませないでよ!」ってすごい揉めて……。ただでさえ夫が54歳だから再就職できるかかなりシビアだし、今も家の中の雰囲気は最悪。「仕事、どうするの?」って聞いても「うるさいな、考えてるよ!」って夫が不機嫌になって、それで終わり。 由美:夫が雇われ店長をしていた居酒屋で私もパートとして働いていたから、夫が本社から電話で通告を受けているのを横で聞いてました。自粛が長引いてお客さんが全然来なくて、「ヤバいな」というのはなんとなくわかっていたけど、いざ本社から閉店&解雇の通告を受けたときは、「コロナふざけんなよ!」って叫びながら2人で泣きましたね。でも、解雇から3週間たっても夫がいまだに家でクヨクヨしてるから、最近は「子供にそんな顔を見せるな! 何でもいいから仕事見つけてこい!」って蹴りを入れてます(笑)。 真弓:ウチは寝る直前に布団の中で「俺、クビだ」って。いや、そんなこと今言われたら眠れなくなるでしょ、って(笑)。そのまま話を聞いていると、明らかに強制的な解雇だったのに「全員、自己都合で退職届を出してくれ」って言われていたみたいで。だから夫を責めたり慰めたりする以前の問題で、「絶対に突っぱねなさいよ! 失業保険も変わってくるんだから!」って発破かけました(笑)。 涼子:みんな、たくましいね(笑)。ウチの夫もどうやら昔のツテを頼って再就職活動はしてるみたいだけど、やっぱり厳しいようで。生活費はどうしてる?
次のページ
貯金も1年は持たない
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事