デジタル

腕時計をしない人にも最新Apple Watchなら薦めたくなる理由

iPhoneと連携した際の使い勝手は?

 自宅でiPhoneをどこに置いたかわからなくなったとき、ど近眼の筆者は寝室やリビング、トイレ、キッチン、仕事場をうろつくことがしばしば。しかし、Apple Watchをしていれば、画面を上にスライドして「iPhoneを呼び出す」アイコンをタップするだけ。iPhoneから音が鳴るので、すぐに場所がわかり、歩き回る必要がない。  面白いのは、Apple Watchからの遠隔操作でiPhoneのカメラを起動し、シャッターを切ることができる機能。ペットの思わぬ表情を取ったり、自撮りする際に活用できる。ただし、シャッター音は鳴るので、隠し撮りはできない。
Apple Watch

Apple WatchからiPhoneを手軽に呼び出せる。画面右上のアイコンが「iPhoneを呼び出す」

 Apple Watchで電話に出られるのもウリ。マイクとスピーカーを備えているので、スパイ映画のようなスタイルで通話できる。GPSモデルはiPhoneと連携するが、GPS+Cellularモデルなら単体で通話できる。目玉機能なので紹介したが、筆者は電話するならスマホを使うのであまりこの機能は使っていない。  ただし、着信のときに相手の名前が表示されるので、状況によってはスマホを手に取らずに着信を拒否できるのでありがたいこともある。
Apple Watch

Apple Watchで電話ができる。画像は着信時の画面

 血中酸素濃度センサーや常時計測の高度計を新搭載し、ヘルスケアなどに役立てられる。心電図機能も搭載しているが、相変わらず日本では法律の問題で利用できない。なんとかして欲しいところだ。

「Apple Watch Series 6」の気になる値段は?

 地図アプリでは道順をナビする際に活躍する。Apple Watchから目的地を設定し、ナビをスタートできるのだ。地図そのものはiPhoneのほうが見やすいが、曲がるポイントなどが近づくとApple Watchが振動して教えてくれるのが便利。右折と左折で振動の仕方が異なるので、画面を見なくてよく、自転車で移動するときなどに活躍してくれるだろう。ほかにも、Apple Watch向けのアプリが多数公開されており、カレンダーや予定管理、メールアプリなどビジネスで役立てられる。
Apple Watch

多数のアプリが用意されている

 バッテリー駆動時間は最大18時間で、毎日充電が必要になる。念のため、自宅に加えてオフィスにも充電器を置いておきたいところ。とはいえ、1時間もあれば大体充電できるし、電池切れの状態から満充電まででも1時間半でOK。朝起きてバッテリーが足りなくても出かける準備をしている間にそこそこ充電できるのだ。  気になる「Apple Watch Series 6」の価格は、GPSモデルが4万2800円(税別)からで、GPS+Cellularモデルが5万3800円(税別)からとなる。ケースサイズは40mmと44mmがあり、バンドも豊富に揃っている。購入する際は好みの組み合わせを選ぼう。  ちなみに筆者はGPSモデルの44mmサイズでカラーは(PRODUCT)RED。ベルトは同じく(PRODUCT)REDのスポーツループを選び、価格は4万5800円(税別)だった。
Apple Watch

Apple Watchはベルト選びも楽しい

 まだまだApple Watchでできることはあるのだが、とりあえずこんなもので買いたくなっただろうか。実物はアップルストアなどで触ってみるといい。その場で購入したくなることだろう。お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。新型コロナウイルス影響を補填すべく、原価BARオンライン「Wi杯」をスタート。YouTubeチャンネルも開設し生き残りに挑んでいる
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事