デジタル

iPhone 12 Proを買う前に読むべし!1週間使い倒してわかったこと

 発売日にiPhone 12 Proを購入して1週間が過ぎた。筆者は毎日何時間もヘビーに使い倒しており、もはや手の一部になった感もある。そこで今回は、iPhone 12 Proを購入しようかどうか迷っている人のためにレビューを紹介する。  ちなみに、iPhone 12はiPhone 12 Proと同じ10月23日に発売され、iPhone miniとiPhone 12 Max Proが11月6日から予約を受付、11月13日に発売される。
iPhone 12 Pro

これから1年間、もっとも長い時間手に持つことになるiPhone 12 Proゴールド

さっそく落としてしまった! 傷は?

 iPhone 12 ProはiPhone 12と同様、ディスプレイサイズは6.1インチ。iPhone 11 Proの5.8インチより大きくなり、iPhone 11と同じとなった。iPhone 11 Proと同様、ディスプレイはOLED(有機EL)となっている。なお、iPhone 11は液晶だったが、iPhone 12もOLEDを採用するようになった。  ディスプレイの表面にはセラミックシールドを採用し、対落下性能が4倍に向上したそう。さすがに落下テストはできないと思っていたのだが、無意識に何度も高いところから落としてしまった。テーブルなどにiPhoneを画面を下にして置いてしまうと、ディスプレイ面の摩擦があまりにもなく、平面に置いたはずなのに滑って落ちてしまうのだ。  iPhone 12 Proの背面はマット処理されているので、今後はディスプレイ面を下にせず、上にして置いたほうが良さそうだ。もちろん、ボディにもディスプレイにも傷1つついていない。ボディを保護するためのケースすらなくてもよさそうだ。
iPhone 12 Pro

iPhone 12 Proのディスプレイサイズは6.1インチ

ピカピカだけに、けっこう指紋が気になる……

 iPhone 12シリーズはデザインの変更も大きなポイントだ。iPhone 5のようなフラットデザインになった点は、筆者としては、デジタルガジェットらしくカッコよく感じる。筆者がラウンドデザインに飽きてしまったというのもあるかもしれない。  iPhone 12 Proは側面がステンレススチールでツルツルしており、背面はテクスチャードマットガラスを使っている。筆者はゴールドを購入したのだが、側面のピカピカ具合はスゴイ。そのぶん、指紋もすぐにベッタリとついてしまうのが悩みどころ。背面は落ち着いた感じで指紋はつかない。  堅牢で凝縮感のあるデザインなのでちょっと重く感じてしまったのだが、実はiPhone 11 Proより1g軽くなっている。サイズは縦が2.7mm、幅が0.1mm大きくなり、厚みは0.7mm薄くなった。繰り返しになるが、ディスプレイサイズが5.8インチから6.1インチに大きくなっているので、バッテリー容量を減らしているというものの、このダウンサイジングは流石だ。
iPhone 12 Pro

側面には指紋がつきやすい

次のページ
写真も動画もカメラ機能が大幅にパワーアップ
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事