カーライフ

花粉症シーズンの前に。実は簡単なクルマのエアコンフィルター交換

エアコン洗浄の注意点。せっかく洗浄したのにカビの温床に……

 フィルター部分からスプレーのノズルを差し込み、エアコン内部のエバポレーターを掃除。しっかりと洗浄液が行き渡るように噴射しましょう。
エアコン掃除

エアコン内部は洗浄スプレーは飛び散らないようにしっかりと噴射させる

 内部をキレイに洗浄したらエアコンを送風運転にし、エアコン内部を乾燥させます。ここで乾燥を怠ると、せっかく洗浄したエアコンにカビが生える原因となってしまうので気をつけましょう。確実に乾燥させるためにも10分以上乾燥させるのがベストです。
カーエアコン

洗浄スプレー後は、しっかり乾燥させましょう

 乾燥を確認できたら、新しく購入したフィルターを向きに注意しながらセットし、グローブボックスを元に戻して完成です。
エアコン掃除

純正よりも目が細かいので、今まで以上に汚れが取れ、快適なカーライフを楽しめる

 これで、これからの花粉症の時期でも快適なカーライフを楽しむことが可能になります。意外と簡単で30分ほどでエアコンの洗浄とフィルター交換までできるので、ぜひ一度、愛車のエアコンフィルターを確認してみてください。フィルターの汚れがひどい場合はエアコン内部も汚れているので、フィルター交換と一緒にエアコン洗浄もしてみましょう。テクニカルライター。三才ブックスのマニア誌『ラジオライフ』にてガジェットや分解記事を執筆。買ったら使用前に分解するのがライフワーク
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事