恋愛・結婚

36歳を超えても仕事が最優先の男は、いつまでも結婚できないワケ

 みなさん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

「変わってるから結婚できない」と言われた男の婚活

山本早織

山本早織

 今回は周りから絶対に結婚できないと言われ続けた男性の成婚ヒストリーをもとに、「婚活は36歳までに始めたほうがいい理由」を解説させていただきます。  幸太郎さん(仮名・42歳)と初めてお会いしたのは、別の結婚相談所に入会した直後のこと。「結婚したい」という意思は行動から感じたものの、その後も一年以上結婚にはつながらずにいました。  とても友人の多い方ではありましたが、周りの男性からは「幸太郎は変わってるから結婚できないよ」と言われ続けてきたそうです。  当初、入会していた相談所ではなかなか望むような成果を上げることができなかったこともあり、私の相談所に入会し、婚活を改めてスタートし直しました。

仕事で結果を残しているからこその遠回り

結婚できない男「前回の相談所で結果が出なかった理由はなんだと思いますか?」と聞いたところ、「結婚相談所は申し込みのシステムが独特で面倒。それが嫌だった」と即答。  実はこのような意見を持つ人は経営者か個人事業主の方にとても多い傾向にあります。  マイルールで成功されてきたからこそ、周囲に「これをしなければならない」と言われるのがとてもストレスなのです。ただ、求めてるものに対して全力で行動する力はある。  なので、このようなマイルールを重視する男性の多くは、自分が信用しているものに関しては速やかに決断し、行動をしてくれます。  私は幸太郎さんに「わかりました。できる限りご紹介していきます。が、手作業のご紹介はシステムを利用するよりも母数が少なくなり、一回一回がとても重要になるので、本気で大切に必ず交際が続くような人間関係を作ってほしいです」と伝えました。
次のページ
結婚へのスピードを上げるものは?
1
2
3
4
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事