エンタメ

“親切心がいつも仇になる人がいる”「小野寺ずるのド腐れ漫画帝国 in SPA!」~第二十夜~

 人助けはとは、なにか――。歩道橋を降りているご老人が転んでしまい、尻もちをついたので、「大丈夫ですか?」と手を差し伸べたら「うるせぇ、寄るなこのコロナが!」と暴言を吐かれました。いつだって、生きるのは大変ですね。そんな涙したい夜にみてほしい、第二十夜です。

上司が変態で部下が困る


ハゲはセクシーというアメリカ

担当より:僕らは五木寛之のようにはなれない!'89年宮城県出身の役者、ド腐れ漫画家。舞台を中心に活躍後、'19年に「まだ結婚できない男」(関西テレビ)で山下香織役、'20年「いいね!光源氏くん」(NHK)で宇都宮亜紀役など、テレビドラマでも活躍の場を広げる。また、個人表現研究所「ZURULABO」を開設し、漫画、エッセイ、ポエムなどを発表。好きな言葉は「百発百中」。 Twiter:@zuruart

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事