エンタメ

<純烈物語>レッドブルを飲んで奮闘する里見黄門様に仰天した名古屋の夜<第89回>

御園座

3/4~21まで名古屋・御園座で行われた「里見浩太朗座長公演」

<第89回>レッドブルを飲んで奮闘する水戸光圀公。自称・黄門様の孫が助さんになった日

 TBS系ドラマ『俺の家の話』に登場したムード歌謡グループ「潤 沢」をカヴァーしたMVが世を賑わせ始めた3月1日、純烈は一路名古屋へと向かっていた。4日より21日にかけて、御園座三月特別公演『水戸黄門~春に咲く花』へ出演。奇しくも「秘すれば花」からの“花”つながりとなる。  今年に入り手探りながらも有観客ライブを再開させ、映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』のプロモーションとともに新曲『君がそばにいるから』もリリースという流れの中で、4人は稽古を続けてきた。なんといっても、国民的テレビドラマの水戸黄門であり、しかも水戸光圀役は里見浩太朗。つまりは“ホンモノ”の黄門様と共演するのだから、とんでもないオハナシである。  2015年にBS番組で一度だけ一緒になったことがあり、業界の先輩に対し質問責めに遭わせるのが得意な酒井一圭は、芸能リポーターよろしく15分も独占取材を敢行。黄門様は、すこぶる機嫌よく話してくれたという。

里見浩太朗は「黄門様」であり『リーガル・ハイ』の服部さん

「でも、それは機嫌がよかったんじゃなくて、もともと里見さんってそういう方だったんです。僕らからすれば里見さんは、助さんだったり黄門様だったりと時代劇の人なんだけど、後上(翔太)に言わせると『リーガル・ハイ』の服部さんになるわけ。世代的に水戸黄門の里見さんを見ていないから。 『そうなんだよ。若い人からしたら、僕の時代劇時代のイメージがまったくないんだよ。世代によって僕が何者なのかが変わるって、面白いよね』と、純烈と話していた。そういうコミュニケーションがあって以来で、今回の出演はオファーがあってという形じゃなく、双方の関係があってそこから歩み寄った結果、出演させていただいたという独特な決まり方だったんです」  昨年、純烈は東京・明治座、名古屋・御園座、大阪・新歌舞伎座でコンサートを開催するはずだった。そして今年はその3座で座長を立て、自分たちは2番手のポジションで公演をおこない、2022年には純烈が座長を務める舞台を同じく3ヵ所でやるという、ホップ・ステップ・ジャンプを描いていた。  それがコロナ禍に見舞われ白紙となったものの、御園座に関しては里見座長のもとで当初の予定通りに開催。むしろ7月の明治座公演の方が、1年早まった形となる。
次のページ
水戸光圀公の“孫”である酒井一圭
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事