お金

年収10%アップで転職するコツ。副業で月5万円稼ぎ、FIRE目指す

今、労働に縛られずに自由な生活を夢見る人が増えている。欧米を中心に世界的流行を見せる「FIRE」理論は「節約し、カネを貯め、そのカネを投資に回し、カネにカネを稼いでもらい早期リタイアする」というもの。節約して支出を抑えたら、次は収入アップを考えよう。そのためには勇気を出して転職するのも手だ。

年収10%UP!転職&副業で日本版FIREの最短を狙う

FIRE

イラスト/サダ

 組織人事コンサルタントの粟野友樹氏は、昨今の転職市場についてこう語る。 「リクルートキャリアが’20年8月に発表した『’20年4~6月期転職時の賃金変動状況に関するデータ』によると、前職に比べて賃金が1割以上増加した転職者は全体の27.3%に達しています」  このコロナ禍で年収1割アップは驚きだがそこにはコツがある。 「転職先選びが肝です。まず、業界選びについては『東洋経済』の年収ランキングが参考になります。上位のコンサル、商社、不動産などの業界を視野に入れ、注目すべきは会社の営業利益。これが高いほど給与交渉の余地ありというわけです。  職種選びでは、その職種に必要な経験や実績を、同年代に比べて光るレベルで持っていることが給与の決め手になります。また、外資企業の給与は高い一方で、実力主義の側面が強いです」

月5万円の稼ぎが見込める副業とは?

 さらに粟野氏は、転職エージェントの活用をすすめる。 「エージェントは企業と求職者の間で給与交渉をしてくれます。たとえ、求職者が希望する年収と企業の評価が見合わず見送りになった場合も、第三者の視点でフィードバックをしてくれます。自分の市場価値がわかるので、転職の意向が薄い人も、一度相談すると新たな発見があるかもしれません」  とはいえ、転職はハードルが高い。そんな人は副業で収入を増やすのが現実的だ。副業に詳しい小林昌裕氏が、月5万円の稼ぎが見込める副業を教えてくれた。 「在宅作業でいえば、ライティングや動画編集。慣れれば月10件の作業で3万~5万円は確実に稼げます。また、メルカリなどでの不用品販売でも月に数万円は見込めるし、品物を仕入れて売る物販なら月20万円も可能です」  一方、体ひとつでできるのが代行業だ。家具組み立てやペットの散歩の代行はパソコンやスキルへの投資が不要で、一件5000円前後と比較的単価も高い。  日本版FIREを実現するには地道な努力が常に必要だ。
次のページ
モノを売って稼ぎ、モノを捨てて固定費を節約
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事