ライフ

130万円で買ったパテックを手取り150万円で売った話

パテックのゴールデンエリプスを売却

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。私は、腕時計を「買って⇒使って楽しんで⇒高く売る」ということを実戦しているのですが、今回もまたそれを成功させました。
パテックフィリップゴールデンエリプス3738/100J-012

今回売却したパテックフィリップゴールデンエリプス3738/100J-012

 今回私が売却したのが、3年前に約130万円で買ったパテックフィリップ。パテックフィリップといえばノーチラスなどのイメージから「メジャー」という印象ですが、私が売ったのは、かなり「マニアック」な1本です。  近頃といえば「デイトナマラソン」という言葉があるように、正規店では購入できない人気モデルが多数ある状況。ですが、私が今回売ったパテックフィリップは、そういった対象ではありません。  では、何を売ったのかというと、「ゴールデンエリプス」というモデルであります。

いずれノーチラスのような存在感になる

ノーチラス

かつて90万円台で買ったノーチラス。現在相場は1000万円以上

 このモデル、現在でも現行品が存続しているのですが、その見た目は一見すると「古い」と感じるでしょう。実際、今でもあまり人気が高いといえないモデルなのですが、なぜ買ったかというと、「いずれノーチラスのような存在感になる」と踏んだからです。  現在、ノーチラスの3針モデルの中古相場は1000万円以上という水準がメインとなっていますが、かつて私は、新品のノーチラスを90万円台で購入しています。実際、私が購入した3710/1Aも、現在1000万円以上という中古相場となっているわけですから、私は先見の明があったということになるでしょう。  私がノーチラスを買った際、ノーチラスに対して思ったのは「最初に見ると理解不能だけど、だんだんその魅力に気づき、いずれはハマる」ということ。そして、ゴールデンエリプスにも全く同じことを感じたわけです。  ですから私は、ゴールデンエリプスを購入しようと思い、2017年当時現行だった3738/100J-012に狙いを定めたのです。
次のページ
同じモデルでも微妙な差が…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事