カーライフ

コロナ禍で中古車相場が急騰? 10万円で売ったセルシオの売値が30万円に

所有してわかったセルシオのコスパの良さ

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。  今から4年前、私は中古のセルシオを総額38万円という金額で購入したのですが、その時思ったのが「新車の軽自動車を買うよりも結果的に安い」ということでした。セルシオは、壊れにくいクルマとして有名で、高級車としては驚くほど整備費用等がかからない部類。もちろん、4.3リッターの排気量によって自動車税は高いわけですが、本体価格の安さがそれをカバーできてしまうというわけです。
セルシオ

とても綺麗だったが、売却後解体されたことが判明したセルシオ

「38万円」という価格の中古車は、なんだか危なっかしいように思え、それがセルシオのような高級車であればなおさらです。しかし、私が所有していた2年間、セルシオは全く壊れることなく、狙い通り「安いクルマ」で済んだわけです。  ちなみに、セルシオには大まかに、「エアサス」と「バネサス」の2つがありますが、維持費がかからないのは「バネサス」のほう。サスペンションは消耗品であるわけですが、エアサスはざっと1本10万円ぐらいと言われているため、不調になったら4本で40万円ぐらいは覚悟しなければなりません。これぞ、まさに「高級車らしい整備費用」と言えるわけですが、「バネサス」を選べばそういった費用はかからないのです。  そして購入から2年後、私は、そのセルシオを10万円で売却。総額38万円で購入したため、「買値38万円 – 売値10万円=28万円」。つまり実質28万円で乗れたということになります。

クルマの相場はV字曲線で推移する

 セルシオを売却したのは、2019年2月だったのですが、その際、3代目セルシオの業者オークション相場は、10万円前後という底値状態だった模様。私は買取店に売却したのですが、担当者に業者オークション相場の画面を見せてもらうと、程度が良い車でも、10万km以上走行したようなクルマでも、おおよそ10万円前後といった様子が画面に映し出されていました。  通常、クルマの相場は、デビューから15年後ぐらいが最も安くなり、その後徐々に高くなるという法則があります。  なぜ、一旦安くなったのが高くなるかというと、底値状態の時では、問題なく動くクルマでも解体されてしまうからです。おそらく安価な相場では、1台のクルマとして売るよりも、部品として売るほうが、利益が出るということなのでしょう。  そのようにして解体された結果、個体数が少なくなったクルマは、古くなるにつれ「希少性」が高くなります。そうして、デビューから15年後ぐらいに「底値」だったクルマは、その後10年、20年といった時間が経過すると、じわじわと高くなっていくわけです。  ですから、私は2019年において、セルシオが底値状態の時、このような相場は後10年は変わらないと思っていました。  しかし、そう思ってから2年後の今、なんとセルシオ相場には異変が起こっているらしいのです。
次のページ
コロナで中古車相場高騰?
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事