エンタメ

74歳でTikTokにハマった尾木ママ「私のコメント欄には炎上も悪口もないのよ」

 尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(以下、尾木ママ)。テレビや書籍などのメディアで活躍する一方で、昨年からTikTok(@ogimama_official)を始め、10〜30代を中心に人気を集めている。

人気TikTokerになっていた尾木ママ

尾木ママ

尾木ママ

「TikTokって、若い人たちが踊ったり歌ったりする広場のようなSNSだと思っていました。でも、始めたら全然違っていて。中高生だけじゃなくて、その親世代の方もたくさん使っているんですね」  現在ではほぼ毎日投稿を続け、フォロワー数は8万人を突破する人気アカウントに成長。来年75歳となる尾木ママは、なぜTikTokにハマったのか?

法政大学を離れて尾木ママに生まれた危機感

 尾木ママがTikTokを始めた背景にあったのは最近、起きた大きな変化だった。 「44年間教員をやっていましたが、2017年に法政大学を定年退職した後は大学で教えることもなくなり、結果、学生たちとの接点が薄れていきました。子どもや若者の声の代弁者を自負する教育評論家なのに、子どもたちや若い人たちの悩みや本音、考えていることが肌感覚でつかめなくなってしまって。これにはかなりの危機感を持ちました」  こうした状況の中、「これは困った!」と周囲に話していたタイミングで誘われたのがTikTok。 「『とにかく若者の世界に入ってみたい!』と思って始めたんです。あれは2020年10月のことでした。ボク、歌ったり踊ったりはできないから(笑)、最初は得意な子育て相談から始めてみたんです」
次のページ
想定外だらけだったTikTokの世界
1
2
3
4
5
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事