デジタル

パソコンのEdgeブラウザに追加したい拡張機能4選。ウェブ閲覧が超便利に

Edgeは機能追加が基本

 PCでウェブサイトを閲覧したり、ウェブサービスを利用する際、どんなブラウザを利用しているだろうか。筆者はGoogleのChromeやChromiumベースのVivaldiを利用している。しかし、別のブラウザに乗り換えるのが面倒で、なんとなくウィンドウズ10の標準ブラウザである「Edge」を使っている人も多いだろう。  ブラウザを乗り換えるのが面倒なら仕方がないが、Edgeは最低限の機能しか備えておらず、とても不便。その状態が普通だと思い込んで使い続けるのは勿体ない。せめて、Edgeに機能を追加して強化することをお勧めする。  実は、Edgeも2020年からChromiumベースになっており、Chromeの拡張機能が利用できるのだ。Chrome向けの拡張機能は膨大な数が公開されており、微に入り細に入りカスタマイズが可能。  まずは、Edgeの「・・・」メニューから「拡張機能」を開き、「他のストアからの拡張機能を許可します」をオンにする。続いて、「Chromeウェブストア」を開き、目当ての拡張機能を探す。詳細画面の「Chromeに追加」をクリックし、確認ダイアログで「拡張機能の追加」をクリックすれば利用できるようになる。
Edge

Edgeの設定で「他のストアからの拡張機能を許可します」をオンにする

Chromeウェブストア

「Chromeウェブストア」で拡張機能を探す

Chrome

「Chromeに追加」をクリックして拡張機能をインストールする

パスワード管理ソフトを導入

 ウェブサービスを利用するなら、絶対に入れておきたいのがパスワード管理ソフトだ。情報漏洩が起きたときに芋づる式に被害を拡大しないために、パスワードの使い回しは絶対NG。とは言え、マイクロソフトアカウントやApple IDをはじめ、Googleアカウント、Facebook、TwitterといったSNS、楽天やアマゾンといったネットショップなど、個人でも利用しているウェブサービスは数多い。すべてに複雑な文字列を設定すると管理したり入力するのが面倒だ。  そんな時、パスワード管理アプリ「1Password」なら、Edgeに拡張機能を入れることで自動的にIDとパスワードを入力してくれる。ユーザーは「1Password」のIDとパスワードさえ覚えておけば、その他すべてのパスワードを覚えずに済むというわけだ。 「1Password」はサブスクサービスで、価格は月額2.99ドルで、iPhoneなら400円となる。
1Password

サインインする際は「1Password」の選択肢から選ぶだけでいい

1Password

ツールボタンをクリックすれば、検索したり2段階認証を行うことができる

次のページ
後で読むサービス
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事