ライフ

東大生が「“すぐに論破したがる人”は頭が悪すぎる」と考える理由

「論破」なんかに手間や時間を費やしてはいけない

布施川天馬

布施川天馬

 つまり「自分は性格が悪いよ!」と明かしているようなものですから、周りからどんどん人が離れていきます。最終的にはひとりぼっちになってしまいますが、きっとそのときには「孤高の論破王」として名を馳せているのではないでしょうか?  こんなつまらないことをしても、一時的に優越感が満たされるだけです。何の意味もありませんし、むしろ失うもののほうがずっと大きい。  ちまたでは「論破」ブームが続いているようですが、そんな愚かなことに時間を費やすよりも、友人とお互いに歩み寄りながら関係を構築したほうが、ずっと「頭がよい人生」を送れるのではないでしょうか。1997年生まれ。世帯年収300万円台の家庭に生まれながらも、効率的な勉強法を自ら編み出し、東大合格を果たす。著書に最小限のコストで最大の成果を出すためのノウハウを体系化した著書『東大式節約勉強法』、膨大な範囲と量の受験勉強をする中で気がついた「コスパを極限まで高める時間の使い方」を解説した『東大式時間術』がある(Twitterアカウント:@Temma_Fusegawa

東大式時間術

現役東大生が明かす「超合理的な時間の使い方」


東大式節約勉強法~世帯年収300万円台で東大に合格できた理由~

目標達成のための最短ルート、最小コストの具体的な方法が満載!
1
2
3
4
5
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事