恋愛・結婚

「せっかくの好意を見落としてしまう男」が知っておくべき女性の本音

「自分の価値を上げる」ための戦略

美人 たとえば、メスの鳥が「私と交尾したければ巣を作りなさい」「求愛のダンスをしなさい」と要求します。オスがメスのためにアプローチし、その競争で勝ち抜いたオスと子供をつくるということをやっているのです。  人も実は似ていて基本的に「自分の価値を上げる」という戦略をとります。なかなか提供しないことによって、自らの価値を上げようとするわけです。そのため、女性はたとえ好意があってもストレートにいえない傾向にあります。  だからこそ女性は直接的には伝えず、「サイン」を出し、そのサインを敏感に察知できる男性に対して「この人はわかっている! 私の目は間違いない!」と感じるのです。

たいていの「サイン」は受け身でわかりにくい

 それでは、いったい女性はどういうサインを送ってくるのか。たくさん褒めてくる、ボディタッチが多くなるなどはわかりやすいですが、そんな積極的にサインを出してくる女性はかなり珍しいですよね。  多くの女性は「気づいて」というさりげない受け身なサインを送ります。基本的に女性からは積極的にアピールしません。受け身な姿勢でわかりづらいサインを出します。  男性からすれば、察知することは簡単ではないですが、いくつかのポイントをおさえることで気づける可能性を上げることができます。3つのポイントを紹介しますのでぜひ意識してみてください。
次のページ
女性の好意が秘められた行動とは?
1
2
3
4
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート