スポーツ

ゴルフスイングは「クラブを引き続ける」が正解。振ってはいけない/三觜喜一

引き続けるからこそ、スイングの再現性が高まる

 ゴルフは止まっているボールを打つ競技なので、いかにスイングの再現性を高めるかが重要になります。前腕を回してフェースを旋回させ、グリップエンド方向に引き続けることで、クラブの回転が高速になればなるほど支点が安定してくるのがわかるはずです。  支点が安定すれば、ヘッドの軌道も安定します。練習場であれば、そのまま上体を前傾させて、ヘッドで人工芝のマットを擦ってみましょう。ヘッドは毎回、マットの同じ場所に落ちてくるはずです。  そこにボールを置けば、自分でボールに当てにいかなくても、勝手に当たってしまうんです。この“勝手に当たる”感覚を、脳と体にインプットすることがなによりも大切なんです。  スコア100を切りたい、リセットしてイチからやり直したいという人は、体の正面でクラブを高速で回すこのドリルだけを、騙されたと思って1か月間続けてみてください。もしも浮気をせず1か月間続けることができたら、上達のスピードは劇的にアップします。

【LESSON05 結論】

1か月間みっちりと、体の正面でクラブを回して脳を書き換える 構成/舟山俊之
みつはしよしかず●’74年、神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。ジュニア育成、ツアープロコーチとしても活躍。YouTubeの「三觜喜一MITSUHASHI TV」は登録者数40万人超

即実践できるドリルBOOK付き 誰も知らなかったゴルフの教科書

YouTubeチャンネル登録者数38万人「MITSUHASHITV」が大人気のティーチングプロ、三觜喜一の集大成

1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ