恋愛・結婚

20代女性と結婚できる中年男の恋愛術。“攻め”より“受け”が「最短ルート」のワケ

 有名人が「一回りも二回りも年下の女性と結婚した」というニュースをしばしば耳にするが、それは有名人だからであり、一般人には縁遠い話である。しかし、身の丈知らずなのか恥も外聞も捨てているのか、様々な心理が伺えるが、20~30代の女性との結婚を願う40~50代の中年男性は多い。  ただ、必ずしも可能性0%というわけではないのも事実。  中年男性が20~30代女性と結婚するために必要なことを、「恋活卒業『マトモな男とだけすぐに付き合える』」(かんき出版)の著者であり婚活・恋愛アドバイザーの結太朗氏に話を聞いた。
結婚イメージ

写真はイメージ

とにかくスペック

 まず、結婚できる中年男性の特徴について、「男性のスペックによります」と語気を強める。 「50代でも医者や会社経営者であれば売り手市場です。女性は男性と違い『相手が若ければ若いほど良い』という観点で結婚相手を選びません。『生活基盤がしっかりしているか』『将来も安泰か』という視点で男性を選びます。特に婚活サロンで相手を見つける場合、『価値観や趣味が合う』という漠然とした条件より、『勤め先のステータス』『貯金がしっかりあるか』『家を継ぐなど結婚後の条件はどうか』などをシビアにチェックします」  そして、「40代50代の男性はこういった“資産価値”があれば年齢関係なく結婚できる確率は高くなり、逆になければ苦戦を強いられます」と回答。若い女性と結婚できる中年男性の特徴は、わかりやすくはあるが、それ故になかなかの厳しさを感じる。

ファザコン女性を狙う

 次に20~30代の年下女性と結婚できる中年男性の特徴はどうなのか。 「過去の経験値がものを言います。20代から女性にモテてきた男性は、40代以降でも“モテ自信”を持っているもの。加えて、若い時のようにガツガツしていない分、女性に対する接し方にも余裕があり、若い女性に好感を持たれやすいです。もちろん、『経済力があれば言うことなし』ですが、恋愛経験が豊富であれば、50代の男性でも若い女性と結婚できる可能性は高くなるでしょう。一方、女性と付き合った経験が少ない男性は、社会的ステータスが高くても、最終的には結婚相手に選ばれないケースは少なくありません」  恋愛経験の格差は大きなディスアドバンテージになるようだ。「中年男性を好む若い女性はファザコンのケースも少なくありません。そうなると男性に“父性”や“包容力”を求めます。『いかに自分をやさしく受け入れてくれるか』ということを重視していますね」と結氏は強調する。女性側の心理を汲み取り、そのニーズをいかに満たせるかが重要のようだ。  続けて、「結婚相談所を利用する中年男性の中には、横柄な態度を見せる人もおり、『なんで俺に若くて美人の女性を紹介しないんだ』とクレームを入れることもしばしば。ただ、こういう男性はお金や恋愛経験があっても、誰からも求められません」とキッパリ。スペックや経験値だけでなく、人間性を見直して磨く必要性を説いた。
次のページ
日常生活にも出会いは転がっている
1
2
おすすめ記事
ハッシュタグ