ライフ

「ヤンキー用語」の意外と知らない意味とルーツ。ヤキ、根性焼き、赤テープ etc.

ヤンキー用語④「赤テープ&白テープ」

学生鞄 こちらはヤンキー界には欠かせないアーティスト「横浜銀蝿」の楽曲の中の歌詞にも登場する言葉で、喧嘩をやる・やらないを示す「意思表示」に使っていたものだということです。 「当時、ツッパリ学生(ヤンキー)たちの間で流行っていたルール的なもので、学生カバンの持ち手の部分に、赤いビニールテープや白いビニールテープを巻き付けて、赤は“喧嘩売ります”、白は“喧嘩買います”という意味があったんです(※赤白どちらが売ります・買いますかは定かではない)。女の子でもやっている子がいましたが、多くは男の子でした」

ヤンキー女子がカバンに絆創膏を貼っていた意味とは?

絆創膏「カバンといえば、女の子はどちらかというと、カバンの表に斜めに絆創膏を貼る子が多かったです。その意味としては“私はもう傷物です”、つまり“もう処女ではありません”ということ。当時のヤンキー少女たちは、いつまでも処女であることに抵抗を感じていたんじゃないかと思います」  早熟であることにステイタスを感じる子も少なくなく、“私はもうガキじゃない”ということを主張したかったのでしょう。その頃に大ブレイクしていた中森明菜さんの曲「少女A」において、ちょっと不良っぽい演出が女の子たちにウケていたのもそういった背景があったからかもしれませんね。
次のページ
「年少リング」は不良の勲章
1
2
3
4
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
Pianoアノニマスアンケート
ハッシュタグ