ライフ

暴走族の撮影中にまさかのトラブル。総長からは「避難してください」、“モンスター先輩”の乱入にゾッ

 こんにちは。伝説のレディース暴走族雑誌『ティーンズロード』3代目編集長をやっていた倉科典仁と申します。ティーンズロードは1989年に創刊され、90年代には社会現象に。現在は休刊となっておりますが、そんな本誌に10年以上携わっていました。

暴走族の取材は「命がけ」

ティーンズロード

写真は、雑誌『ティーンズロード』より

 30年以上前、月刊誌として発刊されていた頃、編集部の主な仕事は全国各地の暴走族を取材・撮影することでした。多い時には、月2~3回は飛行機に乗っていましたね。本物の「暴走族」の取材に行くわけですから、現場でのハプニングは日常茶飯事……というか、何度も怖い目にあっています。  いま振り返ってみれば、笑える部分もありますが、ある意味「命がけの取材」と言っても過言ではなかったと思います。今回は、当時の撮影現場で起きた「ゾッとする」ようなエピソードをお話しましょう。

撮影中に「モンスター先輩」乱入!

ティーンズロード

写真は、雑誌『ティーンズロード』より

 その日は、都内近郊の有名暴走族チームの撮影でした。チームの人数は40~50名ほどで単車も20~30台は集まっているということだったので、当時の編集長と私、カメラマンの3人で納車したばかりの私の車に乗って現場へ向かいました。  撮影現場は都営住宅が密集する団地に隣接した木々が生い茂る公園の駐車場。我々が到着すると、すでにほとんどのメンバーが集まっていました。  私はすぐさま頭(総長)の子と話をして、単車をきれいに並べてもらい、1台1台写真を撮り始めました。しばらくすると、遠くの方からやたらに大きい爆音を立てて1台の車が暴走してくるのです(確か車種はクラウンだったと記憶しています)。  その車が見えてきた瞬間、暴走族のメンバーがこう叫びます。 「やべぇ! モンスター先輩だ!」  すると、それまでのインタビューでは「喧嘩上等いつでもこいや~!」と言っていたはずの屈強な漢たちが、蜘蛛の子を散らすように猛ダッシュで逃げていったのです。  取材班は当然、意味も分からずに棒立ち状態でした。
次のページ
「編集部の方々はいったん避難してください」
1
2
3
おすすめ記事
ハッシュタグ