お金

「パチスロの借金400万円の返済のため…」闇バイトに手を染めた31歳男性の後悔

借金の返済や浪費、生活困窮などの理由から「闇バイト」に手を染める10~20代が増えている。そんななか、罪に問われた人や依存症者などの回復やサポートをおこなうのが一般財団法人ワンネス財団だ。 ワンネス財団の回復施設に入所し、社会復帰を目指すBさん(男性・31歳)に話を聞いた。 【前回記事を読む】⇒「「警察官になりすまし被害者宅へ…」闇バイトで逮捕された27歳男性の告白」はこちらへ

スマホひとつで応募できる手軽さが怖い…  Bさん(男性・31歳)のケース

ワンネス財団

ワンネス財団が運営する奈良の回復施設

実家暮らしで会社員だったBさんはギャンブルでの借金返済に行き詰り、現金・カードなどを受け取る“受け子”やATMからお金を引き出す“出し子”として闇バイトにかかわった。受け子として3件目を遂行中の2020年9月、私服警官によって捕まっている。 「母はシングルマザーとして、僕と兄、そして妹の3人を育ててくれました。大学時代、友達に誘われてパチスロを知り、会社員になってのめり込みました。入社した会社は平日休みだったので友達と休みが合わず、1人でパチスロへ通うようになり、最初は遊び感覚のはずが、気づけば400万~500万円に借金が膨れ上がっていました」 債務整理をしたが、新たな借り入れができなくなり、ギャンブル継続と借金返済の壁にぶち当たってしまう。 「少しですが、闇金にも手を出してしまいました。借りてはパチスロの繰り返しで、1000円あれば行くみたいな感覚でした。やめようと思っても、やっぱりなかなか……もう依存症になっていたのだと思います」

実家の航空写真や会社の情報も提供

闇金からの取り立てに追われ、切羽詰まってしまったBさんは、悩みながらもX(旧ツイッター)経由で闇バイトに応募。1回限りという条件で、自身の免許証や社会保険証、実家の航空写真などを提出したほか、自分が働いている会社の個人情報なども送信している。 「いま思えば、個人情報を簡単に送ってしまい、本当に軽はずみだったと思います。ただそのときは、そんなことを考える余裕もありませんでした。親や友達にも言えず、追い詰められている状態で、とにかく早くカネがほしかったです。報酬は手に入れた金額の5%で、指示は『テレグラム』を通じて届きました」 テレグラムとは、セキュリティが高く、シークレットチャット機能やメッセージを完全消去できる特徴があるアプリだ。 「1件目を実行するまでは『どうしよう…』という気持ちでしたが、被害者のお宅でカードを受け取ったときには、もう腹をくくりました。脅しなどはなく、『2件目もやってみる?』という感じで、当時はまだ選択肢が私のほうにありました」
次のページ
振り込まれた報酬は逮捕後すべてなくなった
1
2
3
おすすめ記事