ライフ

ニューバランスは「買ってはいけない」「買うべき」が紙一重。後悔しないための見極め方とは

こんにちは、シューフィッターこまつです。靴の設計、リペア、フィッティングの経験と知識を生かし、革靴からスニーカーまで、知られざる靴のイロハをみなさまにお伝えしていこうと思います。 ニューバランス(以下、NB)は、過去20数年間でのべ20足以上履いてきました。現役でも3足をオールシーズンで履いています。本社のあるアメリカではドクターとともに徹底的に足のことを分析し、シューフィッターの目を通しても、完璧に近い答えを出してくるメーカーです。しかし、その一方で、アタリとハズレが混在し、安心して買えないメーカーでもあるのです。 だからこそ言いたい。なぜこんなにデザインが似ているのに、説明なしで「売りっぱなし」なのか。公式サイトには細かい説明は書かれていますが、一般人が読んでも専門用語ではまったく意味不明でしょう。今日はそんなNB愛好者の筆者が、わかりやすく「おすすめのモデル」と「おすすめできないモデル」を紹介していきます。

米英国製は高く、アジア製は安い

まず前提として、似たデザインなのに価格差がこれほどあるのはなぜか。高いものは4万近く、安いものは数千円で販売されています。理由は生産国の違いです。3万円オーバーのモデルはアメリカ製かイングランド製で、2万円以下のモデルはアジア製です。米英国製はシンプルに工賃が高く、かつ輸入される際に20%~30%ほどの関税がかかります。これがスニーカーのくせに異様に高い理由。 対照的にアジア製は、人件費こそ高騰中ですが、関税が比較にならないほど安く、国によっては0%に近いところもあります。かといって著しく品質が落ちるわけではなく、インドネシア製の「996」を10年近く履いていますが、3万円オーバーのNBより長持ちしています。

高級NBの天国。おすすめは「Made in USA 990 v6 GL6」

nb001

Made in USA 990 v6 GL6。3万6300円。写真は公式HPより

まずはオススメ。「Made in USA 990 v6 GL6」。3万6300円。いわゆる「フラッグシップモデル」と呼ばれる、NBの看板です。大谷翔平がプライベートで履いてるのもこれと同じ。アメリカ製というだけあって高いですが、履き心地は100点満点。 外見は、ただのジョギングシューズです。似た商品を3000円程度で見かけることもあるでしょう。しかし履いたら2秒で納得できます。カカトのカーブ、クッションと安定、トウの締め付け感とリリース感、なにより服と合わせたときの雰囲気の化け具合。最高級・最先端の素材を適材適所に使用し、木型を徹底的に研究しているので、履くと「どこも当たってないのに、どこも当たっている」という極上のフィット感が味わえます。 さらに代表色のグレーは旗艦店だとサイズのみならず、幅も3種類から選べます。ややタイトなDから、超幅広の4Eまで。絶対にフィットさせてやるというNBのプライドをビシビシ感じます。スポーツショップには珍しく、10年以上前からシューフィッターが常時在籍している店舗もあるので、高い買い物でも安心して委ねられるでしょう。「990」シリーズは筆者も過去異なるタイプを4足履きましたが、後悔したモデルは下記の「998」だけです。
次のページ
日本人のカカトには合わない「Made in USA 998」
1
2
3
おすすめ記事
ハッシュタグ