恋愛・結婚

私がマグロからトビウオになれた理由(27歳・OL)

彼女の反応がイマイチ。そう感じる貴兄はもちろん、「俺は毎回イカせてる!」なんて自信満々の方にこそ読んでほしい。“元マグロ”女たちの告白。

◆由美さん(仮名・27歳・OL)の場合

マグロ女「私がマグロになったのは、最初の彼氏が原因」と語るのは由美さん(仮名・27歳・OL)。

「キッカケは高校生のとき。付き合って1か月の彼が、いきなり股間に手をつっこんできたんです」

 ムードもなく、手も洗っていなかったので、ショックだったそう。

「それ以降、お金がないからと、エッチはいつも青姦。落ち着けなく、感じる余裕なんてありませんでした。ラブホ代をバイトで稼ぐ愛情もないのかと、悲しかった」

 以来、触られることが嫌になり、理由をつけて拒むように。「断り切れないときは、早く終わらせるために、感じたフリをしていました」という。

「その後、現在の彼と付き合うんですが、元彼にされて嫌だったことを正直に話したんです。すると、彼はエッチするまでの半年間、キスしかしない真摯な姿勢を貫いてくれた。そしたら、私のほうが『したくないの?』と不安になっちゃって、自分から誘ったんです」

 今彼とのSEXは、元彼とは別物とのこと。

「時間をかけて丁寧に愛撫してくれるし、少しでも嫌なそぶりを見せたら中断してくれる。感じる部分も、『ここは気持ちいい?』と、『YES』か『NO』の一言で答えられるように聞いてくれるから、恥ずかしい思いをせずに伝えられました。それで、3回目のエッチで初イキを体験しちゃいました!」

 トビウオにしてくれた彼とは“8年たった今でもラブラブ”だとか。

― マグロ女の告白【1】 ―




おすすめ記事