雑学

AKB48にももクロ…泣けるアイドルDVD5選【エドボルさん推薦】

最近、いつ泣きましたか? 感動の涙には、日頃たまったうっぷんを解消する効果があるそう。疲れた心の修復と明日への活力のために、その道の達人が、必涙の傑作を推薦! 今回はアイドルライターのエドボル氏が泣けるアイドルDVDを紹介する。

◆アイドルが成長し、大きく羽ばたく瞬間の記録に涙!

エドボル氏

エドボル氏

 あのときのあのシーンを体験した、ということがアイドルファンにとってはかけがえのない宝物になります。特に自分たちが応援していたグループやメンバーが大きく羽ばたく瞬間のエモさ(感動)は、ほかでは味わえない感覚です。そのライブの現場で流した涙の温度は絶対に忘れたくない。だから、その瞬間に現場に居合わせたとしても、DVDを何度も何度も見てしまう。それがアイドルファンの性なのです。その一方で、今まで知らなかった人でもその頃の輝きを追体験ができるのもDVDの魅力です。

 大ブレイクを果たしたAKB48のファンによる楽曲投票のランキングを発表する「リクアワ」。’09年にAKB48チームBの「初日」が1位を獲得した瞬間は、ファンとともに作り上げた物語に感動させられる。感極まって涙で震える浦野一美が「いつものいきます!」と円陣を組む姿に、涙腺が決壊すること請け合いです。ぜひ、歌唱後の客席からの「チームB」コールと、高橋みなみの涙まで、しっかり見届けていただきたいです。

 グループからの卒業もアイドルには欠かせないキーワード。アイドリング!!!の森田涼花の卒業ライブは、事務所の先輩でもある山口百恵とオーバラップするほどの気高さと美しさに、胸を鷲掴みされること請け合いです。

 青春を賭して、歌い踊り笑う女のコたち。その彼女たちの美しさだけで、十分に涙に値するものがあるはずです。

アイドリング!!! 初だ!ツアーだ!!ZEPPング!!! specialコンテンツ 森田涼花・涙の卒業ライブ●『アイドリング!!! 初だ! ツアーだ!!Zeppング!!!』

11号の森田涼花の卒業ライブを収録。当初の予定ではなかった番組MCのバカリズムや、元メンバーで森田が上京したとき同居していた滝口ミラも登場。「彼女たちらしいバカ騒ぎの応酬に泣き笑い必至」

AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2009●『AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2009』

毎年恒例となっているリクアワ。「2年目の’09年は、ブレイク直前のAKBの熱気を体感できるはず。12位『記憶のジレンマ』の大島麻衣ら、現在は在籍していないメンバーの現役時代の思い出に涙することも」

バニラビーンズ プロデュース会議DVD●『バニラビーンズ プロデュース会議DVD』

バニビと掟ポルシェのトークライブの映像化。「初DVDなのに、特典映像のPVのメンバーが1人入れ替わっている。トークライブではその経緯も笑顔でレナから語られていて逆にグッと胸にきます」

TOKYO IDOL FESTIVAL 2010●『TOKYO IDOL FESTIVAL 2010』

映画『モテキ』でも使用されている「ももクロ」のライブ。「神々しいまでの輝きを放ち、言葉にできないエモさで涙腺が崩壊必至。特に『走れ!』での百田夏菜子の表情は必見。ももクロブレイクの瞬間は間違いなくココです」

君の名は希望●『君の名は希望』
(乃木坂46)

Type-Aの特典DVDで、乃木坂のシングルCD恒例のメンバー個人のPV。「衛藤美彩に注目を。本気で追い詰められた素のアイドルの表情に、胸を締め付けられる。本編のPVも山下敦弘監督の感動作」

【エドボル氏】
1979年、岩手県生まれ。アイドルライター、放送作家、アイドル企画の特集や番組、各種イベントに関わるほか、アイドルソングDJとしても活躍中

― [鉄板で泣ける名作]40選【6】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事