恋愛・結婚

ナンパ師が教える「ヤレる女のメール」の見分け方

メール, モテ, モテテク<発情女の見抜き方・メール&SNS編>
◆ノリノリ顔出しギャルを狙え!


 出会いの場で発情した女を捕獲⇒即マンできるかといえば、現実的にはメアドの交換で終わることが多い。では、相手からのメールの文面でヤレるヤレないを判別する術はあるのだろうか。

「出会い系のサクラならまだしも、『最近、彼氏にフラれたばかりだから一人で寝るのが寂しい』などと“セックスに飢えてます”感を出す女性は、極度の発情女以外にはありえません。ただ、自分に好意を持っているかどうかの判別は可能です。自分のメールに即レスしてくれる/『了解』『いいよ』などの短文ではなく、うざったいくらいの長文メール/ハートマークなどの絵文字を多用する/Re:を使わずにタイトルを変える、などが該当します」(ネットナンパ師・sai氏)

 少なくとも、「メール相手のことをぞんざいに扱っている、機械的にやりとりしている」わけではないということは伝わってくる。

「重要なのは、相手が自分とのコミュニケーションを楽しみたい、続けたいと思っているかどうかです。その論理からすれば、メールが疑問形で終わる/質問を繰り返してくる、なども『相手とのやりとりを終わらせたくない』という意思表示の表れともいえます」

 そして最近では、連絡先の交換も、LINE、Facebookなどで行うケースも多い。

「ノリノリで顔出ししている女は、危機管理能力に乏しく、発情しやすい傾向にあります。一方、動物系アイコンは寂しがり屋という説がありますが、発情女かというと意外とそうでもない。返信メールと同じく、プロフィールが長文で、個人情報やそれに近いことを発信している女が、顔出しと同様、脇が甘くて発情しやすいです」

 さらに、フレンド数が300人以上と極端に多い女も、「怪しげな申請も承認しているということ。当然、ユルいです」ということだ。

 そして、極めつきはソーシャルゲームのアイテムやLINEのスタンプなど、有料アイテムを集めている女だ。

「言ってみれば何の生産性もないもの。そこにお金を注ぎ込んでしまうということは、つまらないセックスでも受け入れてしまうメンタルの持ち主ということです」

◆メールはタイトルで勝負が決まる!

 こうして“ヤレそう”とあたりをつけたら、次はメールを送らなければ始まらない。ここで重要なのは、インパクトを残すこと。

「発情しやすい女には男も寄ってきていますから、スルーされる可能性も高い。ですから、まずタイトルで差別化を図り、何としても読んでもらえるように仕向けるんです。『また見つけた!』とか。SNSであれば、プロフィールから探った相手の興味ある話題について“ひたすらホメて共感”です」

 ここでのダラダラした自分語りは、興味を失わせるので逆効果。共通の話題で盛り上がり、食いつかせることに全精力を傾けるべし。

「手応えを感じたら、いよいよ実際に会う方向に進めるわけですが、『よろしければ今度お食事でも』なんて凡庸な振り方はしてはいけません。B’zが好きな女性なら『今度、一緒に歌いに行こっか!』など、あくまでも相手の興味を中心にアポること。繰り返しになりますが、発情しやすい女には男が寄ってきますから、一度つまらないと感じたら引くのも早いです」

 地道に距離を縮めてきた努力が直前で水の泡という事態だけは避けたいところだ。

【長文即レス型】
長文即レス型ぬくもりを求め、相手の男に食いついている証拠。基本的に短文になればなるほど、レスが遅くなればなるほど、脈はないと思っていい

【危機管理ゼロ型】
危機管理ゼロ型変な自己紹介文を書くテンションが高い女は発情しやすく、顔出しという危機管理のなさが貞操観念の低さを如実に物語る

【アイテム課金型】
アイテム課金型SNSやゲーム内にある有料アイテムを大量に持っているコは、衝動買いをするようなセックスに対しても抵抗がなくオチてしまう

【sai氏】
ネットナンパ師。千人斬り達成の有名ナンパ師。HP「ナンパな一期一会のススメ♪」(http://www.ichisusu.com/)管理人。ネットナンパ教室の講師も

イラスト/もりいくすお
― プロが指南!発情女の見抜き方【2】 ―


ハッシュタグ




おすすめ記事