恋愛・結婚

自慢話をしたいときに気をつけるべきこと

 他人にスゴイと思われたい、一目置かれたい、モテたい……そんな思いは、人間誰しも持っているもの。だが、それがオモテに出てしまうと、途端に「痛い人」になってしまう。

 あなたも実は、陰で「痛男」認定されているかも!? そこで週刊SPA!コラム『痛男!』を連載中の犬山紙子氏監修のもと作成した「痛男(イタメン)検定」に挑み己を知るべし!

※20~35歳の女性200人にアンケート調査を実施。各項目についてOK/NGを判定してもらった。NG65%以上=「痛い」、NG45~64%=「グレーゾーン(人により反応が真逆に)」、NG25~44%=「無傷~浅い傷で済む」、NG25%以下=「基本的には好意的に見られる」

<検定:自己アピール力>
…オレってイケてるだろ!というアピールが裏目に出ていないか診断


Q.久しぶりに学生時代の友人たちと飲み会。最近絶好調な仕事ぶりについて語りたい……。さて、どうする?

飲み会,自慢話,痛男【A】「最近仕事どう?」と周囲に話を振ってから、自分の仕事の話に持っていく

【B】「なぁなぁ、聞いてくれよ!」と、しょっぱなからかます

【C】「コンペに通ったんだけど、まだまだアイデアの練り込みが足りなくてさ……」など、悩み相談を織り交ぜて話す

【D】ガマンして黙っている

 どうやっても鬱陶しい「自慢」だが、中でも最悪とされたのは、ぶっちぎりのNG84%をマークした【C】「悩み相談を織り交ぜて自慢する」。「『この程度では自慢する気になれない意識の高いオレ』まで自慢しておいて、本人は自慢してないつもり。すごい神経!」(28歳・派遣)。

 大人がやりがちな【A】「周囲に話を振ってから自慢」(NG63%)にも、「ワンクッションおけば自慢がバレないとでも?」(31歳・受付)。

 一方、【B】「しょっぱなからかます」は「その素直さが微笑ましいと映る可能性も捨てきれない」(28歳・会計士)と、ギリギリのラインで「無傷」認定。「『だから今日はオレが奢るよ』と続けば、好感度アップ!」(27歳・レジャー)。【D】「黙っている」はNG32%と手堅いが、何も生まない悲しき選択だ。

・最も痛いのは……【C】
・次に痛いのは……【A】
・ベストな選択は……【B】

【犬山紙子氏】
’81年生まれ。エッセイスト。『負け美女』(マガジンハウス)で作家デビュー、女性観察の名手として注目を浴びる。その観察眼を男性に向けたコラム「痛男!」を週刊SPA!で好評連載中。連載を大幅な加筆して再構成した新刊『高学歴男はなぜモテないのか』(扶桑社)も好評発売中

― 女が判定![痛男(イタメン)]検定【3】 ―

高学歴男はなぜモテないのか

心当たりのある方必携!

ハッシュタグ




おすすめ記事