恋愛・結婚

「とっさのひと言」が地雷を踏む…求められるコメント力

 他人にスゴイと思われたい、一目置かれたい、モテたい……そんな思いは、人間誰しも持っているもの。だが、それがオモテに出てしまうと、途端に「痛い人」になってしまう。

 あなたも実は、陰で「痛男」認定されているかも!? そこで週刊SPA!コラム『痛男!』を連載中の犬山紙子氏監修のもと作成した「痛男(イタメン)検定」に挑み己を知るべし!

※20~35歳の女性200人にアンケート調査を実施。各項目についてOK/NGを判定してもらった。NG65%以上=「痛い」、NG45~64%=「グレーゾーン(人により反応が真逆に)」、NG25~44%=「無傷~浅い傷で済む」、NG25%以下=「基本的には好意的に見られる」

<検定:コメント力>…「とっさのひと言」が地雷を踏んでいないか診断

Q.自分はまったくイケメンだと思えない同僚を、職場の女たちがイケメンだとチヤホヤしている。あなたが女たちに一声かけるなら?

痛男,職場,イケメン【A】「あれイケメンか!? 全然わかんねー」
【B】「まぁ、彼は雰囲気イケメンだよね」
【C】「○○のほうがカッコいいだろ」
【D】「女のコってホント、ああいうタイプが好きだよね」

 【A】の「全否定」が不人気(NG75%)なのは当然だし、言うほうも覚悟の上だろうが、代替案を出して婉曲に否定するという高等テクニックを駆使した【C】までNG65%とは理不尽な。「【C】は、カドを立てずに反論しようというどっちつかずな態度にイラつく」(32歳・銀行)。

 曖昧な表現で否定した【B】は、意外にもNG45%で無傷認定。女性陣の意見を一部は受け入れようとする大人な態度が評価された。

 選択肢の中では唯一、否定も肯定もしない【D】だが、最も痛い対応はコレだった! 「女に反論の余地を与えない“上からコメント”。どうしても認めたくないのがバレバレ!」(29歳・自動車)とか。

・最も痛いのは……【D】
・次に痛いのは……【A】
・ベストな選択は……【B】

【犬山紙子氏】
’81年生まれ。エッセイスト。『負け美女』(マガジンハウス)で作家デビュー、女性観察の名手として注目を浴びる。その観察眼を男性に向けたコラム「痛男!」を週刊SPA!で好評連載中。連載を大幅な加筆して再構成した新刊『高学歴男はなぜモテないのか』(扶桑社)も好評発売中

― 女が判定![痛男(イタメン)]検定【4】 ―

高学歴男はなぜモテないのか

心当たりのある方必携!

ハッシュタグ




おすすめ記事