エンタメ

2nd ワンマンライブ大成功『いずこねこ』に密着

いずこねこ 毎週末【週末アイドル情報】と題して、週末に行われるアイドルイベントをまとめている筆者DDマツですが、今回はそんなDD(誰でも大好き)な私のイチオシアイドル『いずこねこ』による11月4日東京キネマ倶楽部で行われた2nd ワンマンライブ『猫と煙と赤いカーテン』のライブの模様をレポート!  いずこねこ本人にとっても「夢だった」という東京キネマ倶楽部でのワンマンライブは、バンド生演奏でのオープニング曲『SE』でスタート。ステージ下手の階段上にいずこねこが登場するやいなや会場のテンションはマックスに。『口上』と呼ばれるお決まりの掛け声で1曲目から会場のは一体感につつまれた。 ⇒【ライブの模様】はコチラ
https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=532818
いずこねこ 普段はたった一人で会場を盛り上げているいずこねこだが、9人のバックバンドを引き連れてもなお、そのパワーは健在で、バンドの迫力に呑み込まれるどころか、生演奏の音の波を軽やかに乗りこなしているような圧巻のステージングを披露。合間のMCではバンドメンバーとの仲の良さが垣間見えるシーンも度々見られた。  曲が進むにつれてテンションが上がり過ぎたのか、なんと!途中で自身の猫耳カチューシャを客席に投げるパフォーマンスも。その後のMCで投げたネコ耳をつけている観客を発見し「帰りに返しといて下さいね」と笑いを誘う場面もあった。 いずこねこ 一旦バンドが捌け、9曲目『ジュピターガール』から4曲をソロで披露。この日会場で先行発売された『last summer EP』から『スコールカット』と『e.c.l.s』も披露され、初めて聞くファンにアイコンタクトや身振り手振りで盛り上がり方を伝えながらのパフォーマンスが印象的だった。  再びバンドが登場しての後半戦。いずこMIXと呼ばれる独自のMIX(前奏や間奏で決まった掛け声を叫ぶヲタ芸)や、いずこねこ自らステージを降りてのハイタッチなど、ステージの盛り上がりは最高潮のまま一度ステージは幕を閉じた。 いずこねこ 盛大なアンコールで再びいずこねこが登場。ファン有志により配られたライブタイトルにちなんだ真っ赤なサイリウムに迎えられアンコールがスタート。『white clock』『e.c.i.n』の2曲が披露された。  アンコールが終わっても冷めやらぬ場内。ダブルアンコールが行われた。ダブルアンコール1曲目は会場からの声を聞きその場で決定するというサービスもあり、『e.c.i.n』『BluE』の2曲を披露。熱狂の歓声に包まれながら幕を閉じた。 ⇒【盛りだくさんのライブの写真】はコチラ
https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=532992
◆いずこねこ2ndワンマンライブ『猫と煙と赤いカーテン』セットリスト いずこねこ01:SE 02:END 03:straight 04:white clock MC 05:fake town 06:motel 07:e.c.i.n 08:rainy irony MC 09:ジュピターガール 10:ヘアーキャットダンス 11:スコールカット 12:e.c.l.s MC 13:nostalgie el 14:last cat factory 15:BluE <Encore> 16:white clock 17:e.c.i.n <Double Encore> 18:e.c.i.n 19:BluE (09~12、16、17以外全て生バンド) DDマツ【DDマツ】 日刊SPA!編集部の雑用係兼『週末アイドル情報』担当。AKB48をきっかけにアイドルオタクになる。その後色々なアイドルを見るうちにDD(誰でも大好き)化していった。今回の取材ではちゃっかりCDとチェキ帳を購入した。

今回も名盤でした!

<文/DDマツ 撮影/西田周平>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事