カーライフ

スマホカーナビが進化中! 東京モーターショーで体験

東京モーターショー2013,ドコモ

ドライブネットインフォ(今年12月中旬に提供開始予定)

 日本最大の自動車展示会「東京モーターショー2013」が開幕した。各自動車メーカーによる世界初公開車両や、未来の社会を体現した技術・車両が公開されており、大きな盛り上がりをみせている。自動車やコンパニオンなど見どころが多いなかで、自動車周辺機器であるカーナビや道路情報に関係する展示も多数見かけられた。特に目立ったのがスマホと自動車との連動だ。

 例えば、ドコモの「ドライブネット」は月額315円のナビサービスだが、これはパイオニアのカーナビブランド「カロッツェリア」の協力による本格的なナビ機能に加え、ドコモの「しゃべってコンシェル」の音声認識エンジンを使った音声入力で話しかけるように操作ができることが特徴だ。

 そして、今回のモーターショーの展示で注目したいのが、12月中旬にリリース予定の無料サービス「ドライブネットインフォ」。従来の「ドライブネット」同様、音声入力による操作でドライブ中に便利なさまざまな機能が利用できることに加えて、同サービスを利用するドライバー同士が、渋滞情報をクラウド上で共有することで、リアルタイムでより詳しい渋滞情報などが把握できる。また、運転中に画面を見ることなく、対話式の音声入力によってスマホ操作をできる機能も充実していた。メール作成や通話、スケジュール確認、音楽プレイヤーの再生操作といったパーソナルな内容だけでなく、ニュースや天気、占いといったコンテンツも利用することができる。対話方式での操作は、「山田さんにメール」と宛先の指定から本文作成まで行え、想像以上にスムーズだった。こうした操作が、スマホを触ることなく安全に行なうことができるはスゴイ。

 別売りではあるが、スマートフォンホルダ、ハンドル部に取り付けるリモコン、シガーライター電源ケーブルなどが用意されている。ホルダにはNFCが内蔵されており、置くだけでアプリが起動する。これらはセットで5000円以下を予定しているそうだ。

⇒【画像】はこちら http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=542339

ちなみに、無料の「ドライブネットインフォ」にはナビゲーション機能はないため、ナビ機能が必要な人は、従来の「ドライブネット」がパワーアップした「ドライブネットナビ」(月額315円)で、高度なカーナビゲーション機能、周辺のガソリンスタンドのガソリン価格情報などのリアルタイム情報の閲覧などができる。無料の「ドライブネットインフォ」を使ってから、ナビ機能までじっくり使い込みたいという人には、有料の「ドライブネットナビ」を使うといいだろう。

 ドコモの担当者によると、「VICS情報が把握できる約7万kmに加え、約33万kmの道路情報を取得することで、より高精度でリアルタイムな渋滞情報を提供できます」とのこと。進行方向上にいる車両の運転状況から、渋滞経過時間などがスマホでわかるのは、レンタカーやカーシェアリング等で車を利用している人いとっても嬉しい。

 さらに、ドコモのブースでは、他にもカーナビの未来構想が紹介されていた。その構想では、エンジンをかけると同時にアプリが起動し、車両情報から「そろそろオイル交換の時期です」といった提案に始まり、スマホに登録されているスケジュールからオイル交換に行く予約作業までを対話しながら行ってくれる。その対話の様子は、人と話していると変わらない自然なもので、まさにコンシェルジュであった。12月1日まで開催されているモーターショーに訪れた人は、実際に体験することができる。

 正直、街中で音声入力は恥ずかしいと感じる人も、車の中というパーソナルな空間なら利用する気になるだろう。今後の進化に期待したい。 <取材・文・撮影/林健太>




おすすめ記事