恋愛・結婚

美人店員「客との恋愛はアリ」が多数

渋谷cafe-dining-hwajaで勤務中。「隠れ家みたいな店内で私も気に入っているので、『また来たい』というのが最高のホメ言葉です!

 とあるナンパ師は言った。「携帯のメアドはなるべく簡単に。口頭で覚えられるものにしないとダメっすよ!」。曰く、「ナンパは結局、『数打ちゃ当たる』。一撃必中はありえないので、とにかくライトにメアドをバラまく必要があるんです。そのときに有効なのが、すぐ覚えられるメアド。きっかけさえつかめば、『メアドは[●●●@キャリア名]だからヒマなときにメールしてみて』って気軽に言えるじゃないですか。これ、最強っす!」。

 ぐぬぬ……と唸ってから数年、いまだに誕生日入りの長いメアドを使っている筆者です。さてさて、男なら誰しも店員さんとお近づきになりたいと願ったことがあるだろう。ランチでいつもお世話になっているあのコ、笑顔が眩しいあのコンビニ店員さんに、声をかけていいものか?と思い悩み、一線を超えるためにはその一声が必要だとは思いながら、撃沈すること想像しては諦め、「現状維持こそすべて」と自己肯定する日々。

 そんな平凡な毎日におさらばすべく、本誌取材班は立ち上がった。店員さんとさりげなく仲良くなりたい、あわよくばお付き合いしたい! 実際に美人店員20人にリサーチしたところ、なんと15人が「客との恋愛はアリ」と返答したのだ。その声を紹介すると、「こっちも実はいい人を探しています」(19歳・カフェ店員)と、なんとも嬉しい反応ではないか。冒頭で紹介したテクニックはもちろん、もっとライトにお近づきになる方法をリア充の各氏に取材した。恐れることはない。挑戦あるのみだ!

文/犬飼孝司(本誌)
⇒詳しくは週刊SPA!6/7号「美人店員と仲良しになる技術」にて




おすすめ記事