恋愛・結婚

自宅がAVの撮影現場に!人気バイト「部屋貸し」を体験してみた

昇給もままならないうえに4月からは消費税も上がるという状況下で、副業を考える人も多いだろう。そんななか、一見、素人には手が出せなさそうなエロ業界にも副業として“甘噛み”できる仕事が多いという。快楽と収入を同時に得られる仕事なんて本当にあるのか、体験してみた!

【一回のギャラ2万円】AV関連バイト「部屋貸し」で、家が撮影現場に!

AV撮影

帰宅した家では心なしか色気を増した女優さんが僕の布団の上に座っていた。AV撮影終了後、特別に記念撮影

 昨今、密かに人気が高まっている副業バイトが「部屋貸し」だ。自宅をAVの撮影現場として提供するだけで一回2万円~の報酬が得られるという内容だが、実際にどのようなものなのか、体験してみた。

 部屋貸しのバイトはAVレーベルやメーカーのHPで募集していることが多い。そこで、住所と部屋の写メを添付して問い合わせ。記者Yの自宅は四畳半でかなり狭いのだが大丈夫だろうか……などと思っていたところ、メーカーから返答が来た。その後は事前下見などもなくトントン拍子で部屋貸しが決定。個人宅での撮影をよく行うAV監督はこう話す。

「今、撮影用の個人宅が足りなくて困っているんです。よほどのゴミ部屋やお風呂の水道管が詰まっているとかでなければ問題ないし、むしろリアリティを追求する作品を撮る場合が多いので、適度に生活感が出ているほうが好まれる。メーカーにもよりますが、月に3~4件は需要があるので、模様替えをしたりして何度も撮影場所として採用されることも可能ですよ」

 いざ当日。撮影隊が来る前に、ADが簡単な打ち合わせと事前チェックにやってきたが、掃除をしておいたので特に問題なし。その後、女優や監督など撮影隊が到着。作品によっては部屋の主が実際に“男優役”を行う場合もあるそうだが、今回は部屋を貸すだけなので記者Yは退室し、付近で撮影終了を待つことにした。

撮影

撮影後の布団の上にはこんな「お土産」が。実際の撮影風景を見ていないのでDVDが発売されるのが待ち遠しい

「1時間で終わります」とのことだが、あの万年床で今頃どんな行為が行われているのか想像すると、やけに1時間が長く感じる……。

 帰宅後に報酬を受け取り、無事にバイト終了。こういった部屋貸しバイトは複数のレーベルがHPで募集しているので、根気よく応募すれば月に何件かの撮影を受けることも十分可能だ。撮影隊が去った後、布団に残された長めの毛を手に“再出演先”を探す記者Yでした。

おススメ度4:★★★★☆
前後の準備と撮影を合わせてトータル3時間ほどで2万円はお得。ただ、頻繁に貸せるものではないので臨時収入として心得るべし

― 体験ルポ[エロ系副業]で稼ぐ!【1】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事