恋愛・結婚

女性だけじゃない!男も稼げるライブチャット

昇給もままならないうえに4月から消費税も上がったという状況下で、副業を考える人も多いだろう。そんななか、一見、素人には手が出せなさそうなエロ業界にも副業として“甘噛み”できる仕事が多いという。快楽と収入を同時に得られる仕事なんて本当にあるのか、体験してみた!

【想定月収10万円】自宅の暇な時間を有効活用できる「メンズチャット」

チャット

待機画面でも部屋の明るさや照明が重要になる

 ライブチャットと聞けば女性の仕事だと思いがちだが、実は男性版サービス「チャットボーイ」も存在する。今回、記者Kは老舗サイト「メンズガーデン」を体験した。同サイトは文字や動画(時には音声も)でユーザーとチャットし、稼いだポイントに応じて収入が得られるという仕組みだ。家電量販店でマイク内蔵カメラ(3000円ほど)を購入し、あとは一般的なスペックのPCがあればOK。ちなみに性器を露出するなどアダルト行為は禁止となっている。

 サイトに登録して“待機状態”になると、早くも「イケメンくん、声出してよ」と、なぜか男性からのメッセージが来た。音声回線を開く勇気が出せずに黙っていると、「声出せや!」と彼は激昂。相手に映像は見えているので、記者Kの表情から及び腰なのを読まれたようだ。その後も何人かと繋がるが、ほとんどがゲイと思しき方から……。最初に出会った男性も再来訪し、「この前無視しただろ!」と説教されることもあった。

 とはいえ、数日間続けると女性とも接触した。相手はなんとチャットレディで、「エロい男ばかりでストレス溜まるから」と、仕事をする傍らで同業の男をいじって憂さ晴らしをしているという。記者Kも「あんた、チンコ小さそう」などといじられたが、最後にはなぜか「がんばれよ新人くん」とエールをもらった。

 その後も、時には男性相手に自分のオナニー体験談を披露しながら、同サイトのデイリーランキング7位に成長! 延べ15時間を使って、約1000ポイント(約5000円)を稼げた。

「重要なのは明るい印象づくり。コアタイムは23~翌2時なので、副業でもうまくやれば月10万円はいきますし、月50万円を稼ぐ方もいますよ」(運営スタッフ)

 しばらくは寝不足になりそうだ。

おススメ度5:★★★★★
登録費などは一切ないので、環境さえ整えればすぐ始められる。会話のコツを押さえて固定客を掴めればかなり稼ぐことも可能になる

― 体験ルポ[エロ系副業]で稼ぐ!【2】 ―




おすすめ記事