カーライフ

レヴォーグの敵討ち!レクサスNXは欧州車に勝てるか?

約10年前に登場し、欧州を中心に広がりを見せるダウンサイジングターボ搭載車。そんなエンジン技術のトレンドに乗り遅れた日本でしたが、最近はスバルのレヴォーグなど、日本車でもダウンサイジングターボ搭載車がチラホラと。そんななか、ついに業界の巨人トヨタが動きました!

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=707814

清水草一=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆レクサスがアウディに大勝利!日本のモノづくりの底力は健在でした

レクサス 想像してほしい。韓国の自動車メーカー・ヒュンダイが、日本で高級ブランドの展開を始めるのを。あなたはそれを欲しいと思うだろうか? おそらく99.99999%の日本人は、欲しがるどころか吹き出すだろう。大衆ブランドが高級ブランドに成り上がるのは、とてつもなく困難なことなのである。

 つまり、トヨタの高級ブランドであるレクサスが、北米でドイツの高級ブランドと並ぶ存在と認知されているのは、大変な快挙である。

 ただしその快挙は北米どまり。日本ではまだまだドイツ御三家より下と見なされているし、欧州では鼻も引っ掛けてもらえず、ディーラーには閑古鳥が鳴いている。それはつまり、ヒュンダイの高級ブランドが、日本で展開しているようなものなのだ! ガーン……。

レクサス

レクサスNXは、ダウンサイジングターボ搭載モデル(428万円~)とハイブリッドモデル(492万円~)をラインナップ(いずれも前輪駆動と4WDから選べる)

 レクサスが日欧でいまひとつである理由のひとつに、技術的なアドバンテージが乏しいという点がある。レクサスの、いやトヨタのウリはハイブリッドだけ。ヒュンダイにはそれもないわけだが、日本以外ではハイブリッドカーは“退屈”イメージが強く、あまり人気がない。これでは世界を制することはできない。

 では、欧州の高級ブランドが誇る技術的アドバンテージの主役は何かと言えば、ダウンサイジングターボである。大排気量エンジンのようなトルクとレスポンスを発揮しつつ、そこそこの低燃費を叩き出すダウンサイジングターボ技術が、日本メーカーには真似できなかった。

 つい2か月前、スバルがレヴォーグに国産初のダウンサイジングターボ(1600cc)を搭載したが、タービンの反応がいまひとつ遅く、欧州勢には負けていた(詳細はこちら⇒https://nikkan-spa.jp/664650)。

レクサス

ミッションはターボモデルが6速AT、ハイブリッドモデルがCVTです

 そして今回は、新型SUVであるレクサスNXに、トヨタ初のダウンサイジングターボ(2000cc・238馬力)が搭載された。ついに巨人が動いたのだ!

 スバルの仇をトヨタは討てるのか? 価格が500万円前後のライバル、アウディQ3と対決させてみた。こっちもエンジンは2000ccターボ(211馬力)。本家本元のダウンサイジングターボである。

 ダウンサイジングターボのウリは、力強い加速とそこそこの低燃費だが、まず加速はどうか。4WDモデル同士で、赤信号から制限速度までフル加速を試みた。

 おおっ、レクサスNX大健闘! 車重が200kgも重いのにほぼ互角。アクセルを踏んだ瞬間からドカーンと加速するじゃないか! アウディに遜色なし。これは合格っす。

⇒【後編】に続く https://nikkan-spa.jp/707794





おすすめ記事