カーライフ

日本の名車スカイラインに、ベンツ製エンジン搭載はアリか?

いわゆるメルセデス・ベンツというのはブランド名であって、クルマを作っている会社はダイムラーと申します。そのダイムラー社と日産自動車が提携して誕生したのが、今回のスカイライン200GT‐t。北米を中心に販売するインフィニティQ50にベンツ製のエンジンを積みました。なぜ、昭和の若者が愛したスカイラインがこうなった? その理由を、超合理主義経営者の視点から解説します

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=撮影 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆ベンツ製のエンジンを積んだスカイラインに乗ってみた!

スカイライン オッサン向け週刊誌は、なぜか日産が嫌いだ。社長がガイジンで、年俸10億円ももらってるのが最大のポイントだろうが、合理化のため、売れなくなった過去の名車を次々と消滅させていることも、オッサンの神経を逆なでしている。

 かつて日産の屋台骨を支えたサニーやブルーバード、セドリックは今はない。一方トヨタはカローラもマークII(Xに変更)もクラウンも必死に残している。日本のオッサン的には、切りまくった日産は明らかに非情であり、残したトヨタは人情に篤いのである。

 で、スカイラインだが、これはかろうじて残っている。残っているが、事実上消滅している。現行スカイラインは、グローバル的にはインフィニティQ50という名前で、日本国内向けをスカイラインというに名前にしただけだ。

 で、そのスカイラインを見れば、明らかにアメリカ人向けのコテコテな顔付き。かつてのカクカクしたスカイラインの面影は影も形もない。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=695666

「俺の昭和を返せ!」とオッサンは叫ぶしかない。そんな昭和のオッサンの神経を、さらに逆なですることが起きていた。ガイジン顔のスカイラインに、今度はダイムラー社(ベンツを作ってる会社)製のエンジンを積むというのだ!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=695665

スカイライン

スカイライン200GT‐tは383万4000円~。ちなみにメルセデス・ベンツの新型Cクラスは最廉価のC180(1.6リットルターボ、156馬力)が419万円~

 エンジンは自動車の心臓。ついにアタマだけでなくハートまでガイジンにするのか、ぐおおお! でも、ベンツのエンジンってやっぱりいいの?

 乗ってみたら、まあまあでした。

 もともとベンツのエンジンってのは、そんなに特徴があるもんじゃない。長く乗ってると、ジワーっと良さが感じられる肝っ玉母さんみたいな性格だから、ベンツエンジンを積んだスカイラインも、ジワーっと地味にいい感じでした。

 じゃなぜ日産は、わざわざ地味な肝っ玉エンジンを買ったのか?

 それは、このエンジンが2リットルの直噴ターボだから。つまり日産もルノーも持ってない種類のエンジンだからなのである。

⇒【後編】『エンジン音、実はスピーカーから出る偽音!?』に続く
http://nikkan-spa.jp/695663


1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com




おすすめ記事