R-30

「アレ、俺の人脈のおかげでしょ?」アレオレ自慢の餌食になった若い女性がブーイング

アレオレ自慢にブーイング あらゆる自慢の中でも、トップクラスでカッコ悪い部類に入るのが、「アレオレ自慢」だ。近しい位置に著名な人がいるというだけで、「アレ、オレの友達の友達なんだ」「あのアイドル、オレの姪っ子のクラスメイトなんだ」などと口にしてしまう輩が後を絶たない。とりわけ、売れない役者やアイドル、美大生など、“何かしらの卵”に位置する若い女性は、餌食にされるのを避けて通れないのだという。

 売り出し中の舞台役者Rさんはこう語る。

「お仕事関係者もお客さんも、基本的にTwitterは相互フォローにしているのですが、ある日、一人のお客さん(40代・男性)からDMが。ゲームバーでゲームをしながら飲みましょう、とのお誘いでした。ゲーム好きだし、ファンの方をないがしろにできない、と思って最初は行っていたんですが、私という“ゲスト”が来ることをダシに、舞台ファンの女のコたちを集めて飲みたいだけだったみたいです」

 声をかけるのは、断れなさそうな20歳前後の若い女性役者で、ファンの確保に必死な売り出し中のコが狙われるとのこと。そして、そのコが売れ始めると、「あのとき、俺のおかげであの女優のコと飲めたでしょ?」と周囲に自慢をするという。

 売れないアイドルの世界でも似たようなことが起こる。「見かねた事務所が、DM禁止令を出してくれればまだいいのですが、地下アイドルなんて事務所に所属してるコなんてほとんどいないから無法地帯ですよ」(地下アイドル・Kさん)

 そして、美大生が餌食になることもあるのだそう。

「美大生時代、個展とかで“クリエイターの卵”に声をかけるのが趣味みたいなおじさんが一定数いましたね。個展で突然話しかけられて、作品を褒められて、悪い気はしないからFacebookなどで繋がってしまう。それで、あちこち飲み会に誘われたり、クリエイティブ職の人を紹介されたり、その紹介された人脈をうまく活かせないと、『俺がせっかく紹介してやったんだから云々』と説教してきます。最初はありがたいんですが、だんだん迷惑にしか感じなくなりましたよ。口うるさいあしながおじさんって感じ」(美大出身・Oさん)

 あらゆる形で世間を知らないうら若き女性に恩を売る「アレオレ自慢」男たち。単純な好意からのこともあるかもしれないが、このようにたいていの場合は疎ましがられていることを肝に銘じたい。 <取材・文/日刊SPA!編集部>




おすすめ記事