エンタメ

Juice=Juice、結成2周年&ハロプロ聖地でのライブ開催を祝し「東京水で乾杯!」

 Juice=Juiceの記念日に、うれしいニュースが飛び込んだ。

 2月3日、東京・新宿ReNYにて「Juice=Juice ファーストライブツアー2015 News=News ~各地よりお届けします!~」が開催された。これまで全国各地でライブを行ってきた彼女たちだが、2月3日はJuice=Juiceにとって結成2周年の記念日であり、今回が初めての単独での東京公演となった。

Juice=Juice

結成2周年の節目を東京公演で迎えたJuice=Juice

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=792245

 ライブ本編では、4月8日に発売されるシングル『Wonderful World』のお披露目や、ハロー!プロジェクト内ユニットの懐かしいカバー曲を含む全19曲でファンを楽しませた。新曲は、メンバー曰く「Juice=Juiceのなかでも一番明るくて、ささいな幸せに目を向けた前向きで素敵な歌詞になっています。ダンスもテーマパークをイメージしたキラキラした感じになっています」とのことだ。

Juice=Juice

「東京水」でファンと乾杯!

 ライブ中盤のMCでは、スタッフからリーダーの宮崎由加に巻物が渡され、5月に東京と大阪で単独ライブが開催されるというサプライズ発表も。中野サンプラザ、そしてNHK大阪ホールはハロー!プロジェクトの聖地とも呼べる場所だ。何も知らされていなかったメンバーは驚きつつも、うれしいサプライズに思わず笑顔をこぼしていた。

 昨年から日本各地でツアーを開催してきたJuice=Juiceのライブでは、その土地にちなんだご当地ジュース(飲み物)で乾杯をすることが恒例になっている。東京では結成2周年、そして聖地でのライブ開催決定を祝して「東京水」で乾杯し、ファンと喜びを分かち合った。100%果汁の濃密なステージに酔いしれ、幸せムードに包まれたままライブは終了した。

Juice=Juice

5月に中野サンプラザで単独ライブを開催することがサプライズ発表された

 Juice=Juiceは「いつまでもフレッシュで」という思いが込められ誕生したユニットだが、いよいよキャリアも3年目。昨年は道重さゆみの卒業、そして今年3月3日にはBerryz工房の無期限活動停止というハロプロ変革の時期において、中心的存在となっていく期待も高まるだろう。2015年の活躍が今から楽しみだ。

 以下は、ライブ直前にメンバーが語ったコメントをそれぞれまとめている。

●宮崎由加(石川県出身・20歳/リーダー)
ライブハウスツアーで47都道府県を回ることをずっと目標にしてきて、それぞれの土地で出会ったファンの方々が、いつか一気にドンって集結できるような会場でもライブをやれたらいいなって思います。

●金澤朋子(埼玉県出身・19歳/サブリーダー)
MCで引っ張ってくれた道重さゆみさん、嗣永桃子さんが続けて卒業されるので「次は私だぞ!」って思ったんですけど、カントリー・ガールズでも活動される話を聞いて「あ、嗣永さんまだいらっしゃるのか……」って(笑)嗣永さんに負けないくらいトークを磨いて、トークが苦手と言わないようにしたいです!

●高木紗友希(千葉県出身・17歳)
ハロプロが大きく変化している年で、これからはフレッシュさばかりに頼ってもいられないので、目を離させないパフォーマンスでみなさんに好きになってもらえるように頑張ります。石川県の柚子乙女サイダーがおいしかったです!

●宮本佳林(千葉県出身・16歳)
デビューからどんどん髪が短くなりました(笑)ハロプロで一番短いんですよ。インパクトがあるといいかなと思って、イメージチェンジして2015年も頑張ります! 今はショートカットブームなので、その中でも目立つような存在を目指していきたいです。

●植村あかり(大阪府出身・16歳)
自分磨きを頑張りたいです。単独ツアーで日本全国を回らせて頂くと、美味しいものを食べさせてもらって、つくべきではないところにお肉がついてしまったりするので……いつ誰に見られてもいいように体型をキープして、爪とかもちゃんと綺麗にして、いつでも完璧な姿でありたいなと思います。

●Juice=Juice『背伸び』(MV) – (http://youtu.be/_so9w95wzVI

【Juice=Juice 単独ライブ】
日時:5月2日(土)、3日(日・祝)
会場:東京・中野サンプラザ

日時:5月23日(土)
会場:大阪・NHK大阪ホール

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平>

背伸び/伊達じゃないよ うちの人生は

いよいよ中野サンプラザでライブ開催!!




おすすめ記事