エンタメ

「マジカル・パンチライン」の本気ライブに潜入。楽屋では足をテーピングでぐるぐる巻きに

「AKB48」や「ももいろクローバー」らのブレイクを皮切りに、’10年頃から新グループが乱立し、世は“アイドル戦国時代”に突入。一方で、ここ数年は活動休止や解散するグループが相次ぐなど、アイドルブームは終焉を迎えつつあり、生き残りをかけた競争はますます熾烈になっている。

マジカル・パンチライン

マジカル・パンチライン

 そんな折、SPA!は数あるグループの中から「マジカル・パンチライン」(通称・マジパン)に注目。メンバーは沖口優奈、浅野杏奈、清水ひまわり、小山リーナの4人に、新メンバーの吉澤悠華(はるか)、吉田優良里(ゆらり)が加入し計6人。今はまだ知る人ぞ知る原石かもしれないが、ブレイク必至のイチ押しアイドルなのだ――。

マジパンの魅力が詰まったワンマン本気ライブ!


 3月23日、去る2月のマジパン3周年ライブでお披露目した新メンバーの2人を加えて、新体制で臨む初のライブをよみうりランドで開催。雪がちらほら降るなか、開場前から多くのファンが詰めかけた。三重県から駆けつけた女子高生2人組や、デートで来たという20代のカップル、親子4人連れと幅広い年代の観客が、開場とともに客席に入り、ライブがスタートした。

マジカル・パンチライン

まだ新メンバーが出られない曲もあり、4人だけで踊ることも。そのうち全曲を全員で披露となるので今のうちに見ておくべきかも

 最大1000人規模とマジパンにとって過去最大キャパのステージで、新衣装の披露、新曲の披露と初めてずくめ。新体制の第一歩として大事なライブだ。

 レーベル移籍後第1弾のシングル「Melty Kiss」を6人全員で歌い、中盤では初期からの定番曲「マジック☆ガール」などをパフォーマンス。終盤では、新曲「今日がまだ蒼くても」を歌い上げた。リーダーの卒業、レーベルとの契約終了といった苦難を乗り越えて、〈未来を指差して今、走り出した〉と歌う彼女たちからは、大きな声援を送るファンたちも、無限の可能性を感じたことだろう。

マジカル・パンチライン
マジカル・パンチライン

帽子&ヘッドドレスはビンテージの逸品。新衣装と歴史ある帽子を合わせて、新メンバーとの融合をテーマに制作されたという

マジカル・パンチライン

アンコールでは、オフィシャルTシャツを着用してパフォーマンス。お揃いで着用しているファンも数多く見られた

マジカル・パンチライン

新体制後で初のワンマンライブながら、沖口と浅野はカメラに向かっておどける余裕も見せた

マジカル・パンチライン

新メンバーの吉田はリハーサル段階で振りが合わず演出から叱られ、ギリギリまで舞台裏で自主練。本番では完璧にこなしていた

次のページ 
楽屋にも潜入!

1
2
<セットリスト>
ともだち1000人出来るかな? 無銭ライブinよみうりランド 3/23(土)

01 Melty Kiss
02 ハルイロ
03 ONE
04 マジック☆ガール
05 手のひらがえし
06 謎から謎めくMystery
07 108煩悩BOMB
08 万理一空Rising Fire!
09 今日がまだ蒼くても
10 ONE(グッド&ラッキー混合Ver.)
EN01 Melty Kiss
EN02 今日がまだ蒼くても
※昼公演

マジパンは毎月レギュラーライブを行っており、次回は5月1日に、今回と同じくAKIBAカルチャーズ劇場にて開催。チケットは前売り券2500円(当日券3000円)+1ドリンク。

※今号では「マジカル・パンチライン」サイン入りチェキプレゼントを実施。応募方法はP91で確認を(誌面の応募券が必要です)
週刊SPA!4/23号(4/16発売)

表紙の人/ 菜々緒

アマゾン、コンビニほかで発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事