千原ジュニアが心底感心した「実は執念深い甲殻類」の話

 千原ジュニアの自室のトイレには一冊の黒いノートがあり、ふと頭に浮かんだことを衝動的に書き殴る習慣があるという。そのノートをもとにジュニアの思考をひもとく企画「すなわち、便所は宇宙である」は現在も週刊SPA!本誌で好評連載中だが、その書籍化シリーズ最新作『このたび、便所は宇宙である』が20日に刊行される。

 今回はシリーズ最新作の発売を記念してその一部を先行公開。ここでは、カニのおいしいこの季節に「甲殻類」のお話を紹介しよう。


千原ジュニアが心底感心した「実は執念深い甲殻類」の話『甲殻類』

 ふとね、甲殻類って凄いやつなんじゃないかって思ったんですよ。

 まず、ボディ。

 甲殻類のボディはめっちゃ硬くて、自分たちをガッチリ守るようにできている。そんだけ守りたいならもう生まれてくるなよ、というくらい守っています。また、なかには両腕に武器を備えて生まれてくるやつもいます。

 そして世の中には、甲殻類アレルギーの人がたくさんいます。これも、甲殻類の執念深さというか。「食され命を絶たれても、ただでは死なへんぞ」という復讐です。

 しかしエビやカニはおいしいですから、甲殻類が大好きだという人がたくさんいます。甲殻類は「どうぞ、我々の種族をいっぱい食べてください」と誘い、結果、風が吹いても痛いといわれる“痛風”に持っていくのです。

 この執念、この憎念たるや。

『さるかに合戦』という昔話があります。親を殺された子ガニがサルを殺すという話で、これも甲殻類の復讐劇となっています。

 また、ヤシガニという甲殻類のボスみたいなやつがいます。殻はめちゃくちゃ硬く、1発で指をいかれるようなごついハサミ。それだけ武装しても人間に捕られ、高級食材として珍重されています。しかしヤシガニは雑食で、その昔土葬だった沖縄では人間をも食べていたという説があります。ですから、ヤシガニからすれば、人間に対して「それをお前らは、回りまわって食うてんねん」ということになります。

 そして、人が人を食べることを「カニバリズム」と言います。……もしかしたら、カニはすべてわかってるんじゃないでしょうか。くしくも“解ってる虫”と書いて「蟹」になりますから。

 アイヒマンという、ナチス政権時代の軍人がいました。物凄い数のユダヤ人を虐殺し、最後は裁判にかけられ、死刑に。処刑台の上で「最後に言い残すことは?」と尋ねられ、こう答えたそうです。

「ユダヤ教に改宗させてくれ」

 最後の最後に反省でもしたのか?と再び問われたアイヒマン。しかし彼はこう返します。

「これでまたひとり、ユダヤ人が殺せる」

 つまり自分がユダヤ人となり、 自らの死をもって 「もうひとりユダヤ人を殺せる」 と言ったのです。甲殻類の話をしていたら、このエピソードを思い出してしまいました。

 果たして人間と甲殻類、最後はどちらが勝つのでしょうか。もしかすると、地球の最後の最後、甲殻類がピースしているかもしれません(笑)。

 20日に発売される『このたび、便所は宇宙である』にはこのようなお話が100本収録。また、単行本だけの特別付録である「東野幸治との連れション対談」も掲載。「結婚できない男」と言われ続けた千原ジュニアの独身→新婚時代の「知られざる変遷」がすべてこの一冊に詰まっています。

【千原ジュニアさんサイン会開催決定のお知らせ】
『このたび、便所は宇宙である』(税込み1350円)の発売日である2月20日にサイン会が開催されます。
[場所]パルコブックセンター渋谷店 特設会場
[日時]2月20日(土曜日)18時~
☆要整理券のサイン会となり、整理券は予定枚数に到達した段階で配布終了となります。事前に電話予約も可能。ご予約用電話番号は03-3477-8736まで。
詳しくはhttp://www.libro.jp/blog/pbc-shibuya/event/konotabi.phpをご覧ください。

このたび、便所は宇宙である

書籍化第5弾。「結婚できない男」と言われた人気芸人の独身⇒新婚の日々を一挙収録している。特別付録は東野幸治との“連れション対談”

はなはだ、便所は宇宙である

不惑の胸中 シリーズ第四弾

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中