過激なファン交流イベントにかける「AV女優の熱い思い」

高瀬杏さん

高瀬杏さん。会場では四畳半アパートをイメージしたセットが組まれている

 AV女優とファンとの交流イベントといえば、握手会やサイン会などが連想されるだろう。ただ、AVレーベル「素人ONLYプラム」(www.plum-web.com)が主催する「四畳半イベント」はひと味もふた味も違う。女優さんたちとの“触れ合い具合”がハンパないのだ。

 月に数回、DVD販売店を中心に開催されているこちらのイベントは、同レーベルの「四畳半中出しシリーズ」という作品をモチーフにしている。要は神田川沿いの古いアパートで人妻と……なんて話なのだが、とにかくその作品に出演している女優さんたちがDVDを飛び出して実店舗に降臨。お店でDVDを買った人はくじを引くことができ、その内容に応じてとびきりセクシーな特典を堪能できるようになっている。

 その特典の内容も「ハグ」や「ひざまくら」などライトなものから、「股間を撮影できる(パンツは履いてます)」「顔面騎乗」「ブラを外す」「ストッキングを生脱ぎ」などなど……すさまじいラインナップになっている。その過激さゆえに一部の販売店では開催禁止になったほど、ギリギリを攻めているのだ。

AVレーベル「素人ONLYプラム」が主催する「四畳半イベント」

くじの”当たり”のメニュー。実際の内容は一目見ただけではわからないが、どれも過激

 そんなイベントに並々ならぬ意気込みを持っているのが、AV女優暦2年の高瀬杏さんである。一部では「今、もっとも寝取りたい人妻女優」なんて言われている彼女は、「イベントに来たファンの方には『すごいことになった』と実感して帰ってもらいたい」と話す。

「私は去年からこのイベントに出させてもらっていて、今年はもう5回目ですね。先日は宮城県のお店でもやってきました。そんななかで思うのは、ファンの方に『もう一回来よう』と思ってもらうのに、飽きさせない内容にしなくちゃいけないなと。SNSで繋がるファンの方はいっぱいいますけど、そこから実際にイベントに足を運んでもらうのはやっぱりハードルが高いわけです。だから、来てもらったからには充実してほしいですからね」

 とはいえ、ただ単に過激にすればいいというわけでもない。やりすぎればもちろんお巡りさんに怒られてしまう。

AVレーベル「素人ONLYプラム」が主催する「四畳半イベント」

ここからさらに密着!

「だから人妻が出るイベントなので、ファンの人に愛妻弁当を食べてもらうとか、単なるエロじゃないところも充実させたいと思っているんですよね。正直、今でも『やりすぎ』ってお声はいただいているので(笑)。外から見ると(私が)やらされているような感じもあるかもしれないんですが、全然そんなことはなくて、リアルでファンの方と遊べる場って本当に楽しいんですよ。だから私は、どんなに売れっ子になってもこのイベントには出させてもらいたいと思っていますしね」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1076123

 イベントに実際に行ってみた際には、高瀬さんの柔肌に触れると同時に、その熱い思いにも触れるべし! <取材・文/日刊SPA!取材班>

高瀬さんの今後のイベント予定
●3月26日12時~【埼玉県・ゼスト大宮宮原店】
●4月9日13時~【大阪府・買取りまっくす なんば店】
●4月10日13時~【大阪府・トレンド書店26号線葛の葉店】
●4月28日18時~【東京都・買取販売市場ムーランアキバ】

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中