『俺ら東京さ行ぐだ』の吉幾三が今度は「オラと一緒に天下獲らねぇか?」で“クリユニ”に登場【PR】

吉幾三。郷里では有名な交通安全キャンペーンの歌『ゆっくり走ろう青森県』(作詞&作曲&歌、吉幾三)も名曲

『雪国』や『酒よ』などのヒット曲を持つ吉幾三は、今でこそ演歌歌手というイメージが強いが、もともとはアイドルを目指し、その後フォークやコミックソング歌手だったことを知っている人は、あまり多くないかもしれない。記者にとっての吉幾三は、『俺ら東京さ行ぐだ』の印象が強い。何を隠そう記者は吉幾三と同郷で、日本テレビ系列の歌番組『ザ・トップテン』で、郷里の金木町(現・五所川原市で文豪・太宰治の生家もある)から生中継があった際、実際に見に行ったこともある。

『俺ら東京さ行ぐだ』は、テレビもラジオもない田舎者が、大都会・東京に出てひと山当ててやると意気込んだ歌。当時、地元では田舎をバカにしてという人と、スターが出た!と喜ぶ人、両方がいたと記憶している。で、その歌詞に影響された(?)記者は、ノコノコ東京に出てきたわけだ。ちなみに、津軽弁(吉幾三の郷里の方言)では、「俺ら東京さ行ぐだ」とは言わない。「わ東京さ行ぐでゃ」である。

 そんな地元の大スター吉幾三が、なぜかgumiのスマートフォン向けゲームアプリ『クリスタル オブ リユニオン』(クリユニ)の「オラと一緒に天下獲らねぇか?」キャンペーンPRキャラクターに起用され、4月1日はgumiの公式サイトが吉幾三にジャックされた。

『クリスタル オブ リユニオン』の「オラと一緒に天下獲らねぇか?」キャンペーン

 この『クリスタル オブ リユニオン』は、プレイヤーが一国一城の王となり、王国を統治・強化しながら敵対する同盟との間で激闘を楽しむストラテジーゲーム。4月6日の配信開始からすでにユーザー数は10万人を突破し、盛り上がりを見せている。

東軍総大将・吉幾三

 そんな話題のゲームアプリになぜ吉幾三が登場?と思ってしまうが、その謎はキャンペーン動画を見れば納得だ。

「オラと一緒に天下獲らねぇか?」キャンペーンの動画では、吉幾三率いる東軍(農家軍)とキャバ嬢・麗花率いる西軍キャバ嬢軍による天下分け目(?)の戦いが舞台。東軍は、農民(?)の吉幾三を筆頭に援軍である専業主婦軍やカメラ小僧軍など、ちょっとあか抜けない面々の集まりなのに対して、西軍は華やかなキャバ嬢軍団だ。

西軍総大将・麗花

 ところで動画では、東軍総大将・吉幾三の手には、農家の象徴であるクワが握られている。

「東軍のクワ」

 これは『クリスタル オブ リユニオン』事前登録スターターキャンペーンの報酬の1つで、ゲームを始めたプレイヤーももらえる装備品の「東軍のクワ」なのだ(クワ以外にも5000G+バルムンク<装備品>+宝箱がもらえる)。『クリスタル オブ リユニオン』を有利に進めるためにも、ぜひとも手に入れておきたい装備品だ。

 そんな東軍に対する西軍は、キャバ嬢軍団を筆頭に一筋縄ではいかないなかなかの曲者ぞろい。吉幾三の「みんな出陣だっぺー!」の号令のもと、突撃してきた専業主婦軍に対しては韓流スター軍を、カメラ小僧軍に対してはコスプレ軍をあてがい、あっさりと戦闘不能にしてしまうのだ。さすが百戦錬磨のキャバ嬢軍である。

キャバ嬢軍の策略で東軍は次々と戦闘不能に

 動画の最後はそんな状況を打破しようと、「オラと一緒に天下獲らねぇか?」と叫びながら大将自ら敵陣に突進していく――。『俺ら東京さ行ぐだ』では、東京でべこ(牛)を飼う、東京で馬車を引く、銀座に山を買うといった都会での成功を夢見て、テレビもラジオもない田舎で育った若者が意気込んでいたわけだが、果たして「オラと一緒に天下獲らねぇか?」と意気込んだ吉幾三の結末は……。

西軍に突撃する吉幾三だが……

 余談だが、津軽弁で「オラと一緒に天下獲らねぇか?」は、「わど一緒に天下獲ねな?」。フランス語のようにボソボソと、そしてあまり口を開かずに「ワドイッショニテンガトネナ?」と一気にまくしたてると、なんとなくネイティブに聞こえる。



 なお4月28日から、『クリスタル オブ リユニオン』の吉幾三キャンペーン第2弾が公開されているがどんな内容なのか? 続編の動画も乞うご期待だ(⇒続編の動画はコチラ)。 <文/日刊SPA!取材班>

『クリスタル オブ リユニオン』
iOS
Android

■提供:gumi

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中