給料が少なすぎて辞めていくアパレル販売員たち。手取り10万円以下の月も…

 ファッション誌に登場するなど、華やかな印象が強い職業の「アパレル販売員」。そんな、女性の憧れの職業の実態は想像以上に苛酷だった。ツモリ・チサトやZUCCa、能年玲奈が愛用していることでも知られるNe-netなど、20代の女性から熱い支持を集めるブランドを数多く抱える総合アパレルブランド「エイ・ネット」の販売職・松坂ミキさん(仮名・33歳)は話す。

【薄給グランプリ】自社製品をアプリで転売するアパレル販売員

旅行代理店、アパレル、ウェディングは典型的な「やりがい搾取」業界だ

「好きなブランドで働けてうれしいのは、最初の半年くらいですね。店頭に立つ販売員は“接客する広告塔”だから、季節毎に新作を買わなければならないのがまず痛い出費。Tシャツなど単価の安い夏場ならまだしも、冬場は社割しても高い……。自社製品を買うためにカードローンを組んだことも一度や二度じゃありません。毎シーズンの新作を着なければいけないため、費用ねん出のために古い自社製品をフリマアプリで売ることも」

 月々3~4万円が“ユニフォーム費”として差っ引かれ、松崎さんの月収は手取りが15万円程度。これを下回る月もあるとか。

「アパレル業界は繁忙期と閑散期は付き物。セール前は終電間際まで仕事できるのに、春・秋は暇で店に販売員1~2人で十分。残業代が付かないときには、手取り月収が10万円を切ったことも……。貯金なんて夢のまた夢ですよ」

 昇進も少ないのがアパレル販売員の仕事。ブランド愛ゆえに10年近く働き続けてきた松崎さんは、ようやく副店長職に。しかし、労働環境はますます悪化した。

次ページ薄給に耐えかねて辞めていく新人も

週刊SPA!5/31号(5/24発売)

表紙の人/ 乃木坂46

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中