山手線・品川~田町間に新駅 鉄道名所“提灯殺し”なくなる!?

山手線に40年ぶりの新駅が登場」と話題になっている。読売新聞の報道によると、2013年度、品川~田町駅間に山手線30駅目となる新駅の建設とともに周辺の再開発工事が着工されるという。品川~田町駅間は、山手線最長の2.2kmで周囲は閑散としており、電車内ではiPhoneの電話が極端に悪くなるとも言われているエリアだ。

1/4 昼過ぎに「YOMIURI ONLINE」に記事が公開されると、Twitter上では早くも「#山手線の新駅名を考える」というハッシュタグが作られ、様々な駅名候補があがっている。

・新品川
・新泉岳寺
・芝浦
・高輪
・高輪新都心
・三田慶應前
・札の辻
・品川祐
・南日暮里

など、大きな盛り上がりをみせている。

また、この報道をみて思い出したのは、都内で最も低い車高制限のあるガード「高輪中央架道橋」である。通称“提灯殺し”と呼ばれ、あまりに低い天井高のためタクシーの車体上に付いているランプ(提灯)を次々に壊してしまうことで有名な、鉄道ファンにはお馴染みのスポットだ。

提灯殺し,高輪

頭上を電車が轟音で走り去る

筆者も、鉄道ファンとして「山手線チャリ一周の旅ガイド 撮り鉄心をくすぐる撮影スポット10景(http://nikkan-spa.jp/53020)」という記事の取材で訪れ、その低さと暗さ、そして長さに感動したものだった。山手線、東海道線、京浜東北線など、何路線もの電車が頭のすぐ上を、轟音で走り去っていく迫力は唯一無二といえる。

そんな“提灯殺し”も再開発のため、なくなるのではないか? と心配しつつ、新駅の登場を楽しみにしたい。まだ訪れたことがない方は、年内に訪れてみてはいかがだろうか。

※タクシーなどの抜け道となっているので車には注意を。あと、頭も打ちます。

⇒ “提灯殺し”と周辺エリアの写真を公開!
http://nikkan-spa.jp/123401/chochin_09

取材・文・撮影/林健太

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中