ネットで話題の「募金をせびる」疑惑の僧侶を追ってみた

謎の僧侶、詐欺、募金詐欺

欧米人はチベット僧と勘違いして寄付してしまう人も多いようだ

 最近、首都圏のターミナル駅周辺の路上で、僧侶の恰好をしたアジア系外国人が募金を集める姿がツイッターなどで多数、報告され話題になっている。そこで、この僧侶(?)の正体を突き止めるべく、記者は最も目撃証言が多い秋葉原に出向いた。

 平日の午後4時過ぎ、問題の僧侶はあっさりと発見できた。20代の若い男性だ。早速、あとをつけてみる。秋葉原電気街の中央通り沿いを行ったり来たりする僧侶は、すれ違う人々を時折、呼び止める。まず金色のカードを手渡し、ついで何か話しながらノートに記帳させている。記者は僧侶から解放された後の人々に次々と話を聞いた。

「寄付を要求されたので100円渡したら、ノートを見せられました。そこには前の人たちが数千円も寄付しているという記帳があって、1000円要求されましたが、断りました」(20代の男性)

「ははは。カネなんか渡すわけないじゃん」(30代の黒人男性)

「どこの国の僧侶かわからないけど、1人1000円寄付しました」(3人連れの白人家族)

 どうやら、狙われているのは外国人旅行者と、若い日本人ばかり。 ここで、今度は記者自身がカネをせびられてみることにした。僧侶の前に回って歩いてみると、すぐに声をかけてきた。

「ハーイ、ブータン、ブータン」

 そう言いながら、いきなり金色のカードを手渡してくる。「開光護身符」と中国語で書かれた御札だ。ブータンはチベット仏教の国なのに中国の御札とは? しょっぱなから怪しいではないか。

 記者が御札を受け取ると、僧侶は小さなノートを取り出して「名前を書け」とゼスチャーをする。記者が名前を書いている最中、僧侶はページの右端を手のひらで覆って隠していた。

 書き終えると、僧侶は「ドネイション、キフ、キフ」と言い出した。100円玉を渡そうとすると、隠していたノートの右端を見せてきた。そこには、これまで寄付してきた人が1万~3万円も出しているかのような記帳が!

 僧侶がさらにページをめくると、日本語で「布施証明書」と書かれた説明文が。「三宝寺」という寺に地蔵菩薩堂と観音菩薩堂を建てるため、お布施を集めているという。証明書は英語版もあった。

「Where is this temple?(このお寺、どこにあるの?)」

「ジャパン、ジャパン」

「Japan? Which prefecture?(何県?)」

「タイワン、タイワン」

 台湾はジャパンじゃない! うちの領土は尖閣諸島までだ。

「キフキフ、センエン、センエン、アリガトウ!」

 記者は1000円札を一枚手渡すと、僧侶はニッコリ笑って握手をし、去っていった。

 その後、気付かれないように尾行を続行する。すると上野公園近くで別の男性僧侶と合流。2人は公園を抜け、鶯谷駅を通り過ぎ、ひたすら歩く。途中、2人とも法衣を脱ぎ、持っていたカバンにしまいこむとTシャツ姿になった。

 この後、コンビニに寄って日用品や食料を買った2人は、とあるボロいマンションに消えていった。

 週刊SPA!10/9発売号では、この後、彼らのアジトである部屋に記者が直撃! 果たしてそこに待ち受けていたものは……?

<取材・文/藤倉善郎とSPA!カルト問題取材班>

週刊SPA!10/9・16合併号(10/2発売)

表紙の人/Superfly

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中