“ステルス布教”するカルト教団が増殖中 被災地ボランティアや反原発デモに紛れて…

 未曾有の被害をもたらした昨年の東日本大震災と、併せて起こった福島第一原子力発電所事故。天災と放射能への恐怖が高まるなか、社会不安をネタに人やカネを集めているのが、カルト教団だ。人々の不安を煽りながら布教活動を行い、新たな信者獲得に乗り出している。

震災,カルト教団,パンフレット,勧誘

全国の大学では、カルトから特に狙われやすい新入生向けに注意を呼びかけているが、手を替え品を替えて学生を狙う。なかには、勧誘活動を妨害する大学に面と向かって抗議を送りつけるカルト団体も

 その一つが、学生を狙うカルト宗教の勧誘だ。学生を狙う勧誘は以前からあったが、震災以降、これが活発化しているのだ。なかでも、多発しているのが被災地ボランティア報告会に信者が紛れ込み、学生を勧誘する手口。西日本の大学に通う女子学生のAさんも韓国系カルト団体の勧誘を受けた一人だ。

「報告会の会場で、女子学生から“私たちのボランティア活動に興味はないか?”と声を掛けられました。純粋なボランティアだと思ってメアドを交換。後日呼び出されたら、“実は私たちは聖書の勉強をしている”と言われた。しかも、連れて行かれたのはマンションの一室で、普通のキリスト教とは少し違いました」(Aさん)

 不審に感じたAさんは知人に相談。ネット上で批判されているカルト団体と同じ勧誘手口だと気づき、その後のメール勧誘を無視し続け、事なきを得たという。

 こうした“ステルス布教”で学生を騙す手口は枚挙に暇がない。

「教団によっては新年度が始まる直前の3月に、大学周辺のアパートの空き部屋をチェックし、新入生が入居するのを待ち構えています。そして戸別訪問し、大学生に学生生活に役立つ情報を提供するサークルなどと称して仲良くなり、親しくなってから宗教勧誘をする。接触してから正体を明かすまで、場合によっては2~3か月かけるケースもあります」(元信者)

 また、震災を利用した強引な勧誘も横行している。高校卒業以来、ほとんど連絡がなかった友人から呼び出され、勧誘を受けたのは都内の私立大学に通うBさんだ。

「待ち合わせ場所の池袋の喫茶店に行くと、知らない男が友人と一緒に現れて、仏教団体の勧誘を始めた。“地震で死んだ人は、うちに入信しなかったから死んだ”と言って、入信届に名前を書くまで帰してくれない。“死にたくなければ入信しろ”って脅迫ですよ。結局、3時間近くも勧誘を続けられ、根負けして名前を書いてしまいました」

 Bさんを勧誘したのは、かねてより学生をターゲットにした勧誘で知られている仏教団体だ。カルト問題に詳しいフリーライターの藤倉善郎氏が解説する。

「この団体内では“震災で人が死んだのは仏罰だ”と言って、今まで以上に信者を勧誘活動に駆り立てている。それを真に受け、それほど熱心ではなかった信者までもが目の色を変えて勧誘をし始めています。真面目な学生ほど、カルトに入信すれば熱心な勧誘要員になるし、ゆくゆくは有能な幹部候補にもなる。カルト団体にとって学生は恰好のターゲットです」

 全国で盛んに行われている反原発デモ。ここにもカルト団体の魔手が忍び寄る。

「反原発を唱える仏教系カルトの若い信者が、デモの参加者たちに自団体の新聞を配って回っていました。デモには学生の参加者も多く、信者たちは学生らしき若者に対して、特に重点的に新聞を手渡ししていた」(デモ参加者)

 震災を機に拡大するカルト勧誘。学校側も学生たちに注意を呼びかけている。 <取材・文/SPA!カルト教団取材班>

※週刊SPA!6月19日発売号「カルト教団[全力で資金集め!]の驚愕実態」より

週刊SPA!6/26号(6/19発売)

表紙の人/忽那汐里

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中