北方謙三「『ソープに行け!』は兵隊に言ったらマズいんだよな(笑)」

北方謙三氏

北方謙三氏

 ハードボイルド小説、そして歴史小説の大家・北方謙三。「どうせ君たちも『近頃の小僧は~』とか俺に説教させたいんだろ?」と本人も語るほど、若者たちに喝を入れるハードボイルド人生相談は強烈だった。

 しかし、「でも俺、小僧は小僧でいいと思っているの。いつかは小僧でいられなくなる時期が来るわけだけど、今はそれが後ろになっている気はするね。35歳くらいで、ようやく小僧から男になる感覚だ」と、意外にも(?)、若者に対する目線は優しい。

 7/30発売の週刊SPA!「エッジな人々」では、北方氏の渾身の作『水滸伝』『楊令伝』『岳飛伝』の3部作からなる「大水滸伝シリーズ」について大いに語ってもらっているが、やはり「北方節」は聞きたい。そこでこんな質問をぶつけてみたところ……。

――最近では、北方作品に数多く登場する酒もタバコも嗜まない若者が増えています。世の中全体が去勢され、北方ダンディズムとは真逆の方向に進んでいるようにも思えるのですが……。

北方:むしろ人類は破滅に向かって進んでいると思うね。今の禁煙ブームはアメリカから来ているけど、アメリカなんて酒が禁止されていた時代がある国だよ? あの時代は違法の酒がガンガン造られ、ギャングが跋扈した。それにタバコがダメだって一番言っているアメリカ自体がすごい葉巻大国じゃないか。息子が生まれたら葉巻を配る習慣があったり、サーキット場なんかでも、観客席で売り子が箱を抱えて葉巻を売りに来る。元を辿ればインディアン(ネイティブ・アメリカン)から残されてきた文化だったのに、「健康に悪いもの」というだけで問答無用で“悪”ということにしてしまった。多くのタバコメーカーだってアメリカ企業でしょ。だから、そこは橋下市長の失言と一緒なんだよ。つまり、世の中には本音と建て前があるっていうこと。「ソープに行け!」っていうのは童貞に対して言ったからよかったのであって、同じことを兵隊に言っちゃマズいんだよな(笑)。

 と、意外な方向から今の世の中をバッサリ! さらに溢れ出す「北方節」をぜひ本誌で堪能してほしい。

<本誌構成/小野田 衛 撮影/丸山剛史 再構成/SPA!編集部>

水滸伝完結BOX

作家・北方謙三の命と誇り――総て注いで紡ぎ出された熱き英雄ロマン

週刊SPA!8/6号(7/30発売)

表紙の人/すみれ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中