主演・壇蜜×原作者・峰なゆか【アラサーちゃんドラマ化記念対談】――アラサー女子の胸の内

30歳にしてグラビアで大ブレイク、まさに世のアラサー女性の希望の星ともいえる存在の壇蜜。実は今回のドラマ化は、『アラサーちゃん 無修正』第1巻の巻末で作者の峰なゆかと対談を果たした際、峰が「壇蜜さん主演で映像化を!」とラブコールを送ったことがきっかけになっている。夢が現実となった2人が、改めて「アラサーの胸の内」を語り合った。

アラサーちゃん◆特別対談「主演・壇蜜と原作者・峰なゆかがアラサーの胸の内を語る」

峰:私、基本的にマイナス思考なんで、前回の対談(http://nikkan-spa.jp/418633)のころは『アラサーちゃん』がいつ連載打ち切りになるか毎週怯えてたんですよ。ドラマ化とかそんな大それたことを考える前に、“打ち切りになったら家賃が払えない、やベぇ、やベぇ……!”って。

壇:死活問題(笑)。でも峰先生って、結構精力的に“ジョブチェン”をされてるじゃないですか。

峰:確かにしてますね。でもやっぱり、今の仕事が一番向いてる気がします。AVに出てるときは、いつもすんごい体力を削がれながらやってたので。「家で漫画描いてるほうが向いてるわ」と思います。最初から商売として通用するとは考えてなかったですけど。

壇:なるほど。僭越ながら同じようにジョブチェンを繰り返してきた身として、そのあたりの心境をぜひお聞きしておきたくて。今のこの状況って、やっぱり目まぐるしいんですよ。もうちょっと時間がゆっくり過ぎてくれたらなぁ、と思ったり……。最近、立体駐車場のオーナーに憧れるんですよね。

峰:え? 立体……駐車場?(笑)

壇:不動産という安定した収入の魅力を考えると、これがラストジョブチェンじゃないなって思ってしまう。「元・壇蜜」として生きるのも手かなって。

峰:あ、でも私も、最終的な憧れの仕事は「無職」なんですよ。

壇:やっぱりそうなっちゃいますよね。人間、楽なほうにいっちゃいますよね。だから私、「仕事をしてる自分が大好き」とか言う人は、最近信用しないようにしてます。

峰:わー、よかった! 私の周りはみんな仕事好きだから、「仕事したくない」とか言うと「またまた」とか言われちゃうのがしんどくて……。漫画家になる前に無職の時期が3か月くらいあったんですけど、人生で一番イキイキしてましたよ。健康でツヤツヤ。朝7時に起きて、三食ご飯を作って食べ、あとはネトゲをする(笑)。

壇:三食ネトゲ付き(笑)。でも今は、無職の時代をそんなふうにしっかり言える人のほうが、「おかしみ」があったり、遊びがある人だなって思えるんです。

――それはアラサーという年齢にも関係がある?

壇:あると思います。なんか、男女平等を謳ってる世界が若干アホらしくなってくるのがアラサーの始まりかなって思ってきて(笑)。だって、頑張ってやろうとしてもかなわないことって絶対出てきますから。『だめんず・うぉ~か~』の倉田真由美さんがおっしゃってたんですよ。

「男性の幸せは高層マンションとヨットときれいな女でだいたい片付くでしょ」って(笑)。

峰:カネと女に集約されるという。

壇:でも、女性の幸せはそうじゃない。かたちが決まってないからこそ楽しいんだって。これにはすごく共感してます。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/682527

※TVドラマ「アラサーちゃん 無修正」は7月25日(金曜深夜0:52~/テレビ東京、テレビ大阪ほか)放送スタート
http://www.tv-tokyo.co.jp/around30chan/


【壇蜜】
’80年生まれ。’10年に週刊SPA!でグラビアデビュー。’12年『私の奴隷になりなさい』で映画初主演。『アラサーちゃん 無修正』で地上波連続ドラマ初主演を果たした

【峰なゆか】
漫画家、ライター。女性のSEX観を的確に分析した作風が人気で、各誌で活躍中。週刊SPA!の連載をまとめた『アラサーちゃん 無修正』はシリーズ累計26万部突破

取材・文/倉本さおり
― 美女がハマる『アラサーちゃん』大研究【1】 ―

女くどき飯

一般男性8人とガチデートした闘いの記録

アラサーちゃん 無修正4

笑って泣けてえぐられる、人気コミック、激動の第4弾!

アラサーちゃん無修正3

ますます研ぎ澄まされた至言が満載!

アラサーちゃん 無修正2

アラサー女子が憂き世を生き抜くための金言が満載!

アラサーちゃん 無修正1

女の業が丸裸!

アラサーちゃん 無修正 [DVD]

このBOXでしか観ることができない未公開シーンも収録

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中