宮澤佐江が男子高校生役を熱演!ミュージカル『AKB49~恋愛禁止条例~』5つの見所

 9月11日より渋谷・アイア シアタートーキョーにて公演が開始されたミュージカル『AKB49~恋愛禁止条例~』。実在のAKB48グループのメンバーも登場する人気漫画『AKB49~恋愛禁止条例~』の舞台を実際にAKB48グループのメンバーが演じることで話題のこの舞台。

 10日に行なわれたゲネプロに筆者DDマツが潜入。DDマツ的5つの見所を紹介します!

【見どころ1】この舞台のために髪型を変えた2人に注目

 自身初の男性役を演じる宮澤佐江は10cm以上バッサリと髪の毛を切ってこの舞台に挑む。記者会見では「(えりあしが)こんなにジョリジョリしたのは初めて」と照れくさそうに語っていたのが印象的だった。主人公のライバルでありスーパー研究生の岡部愛を演じる須田亜香里も、本人のイメージにはない明るめの茶髪に染めており、「アイドルやってる間はずっと黒髪のつもりだった」と語るほど。従来のイメージが固まっている人ほど、ギャップを楽しめるはずです!

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=714143

【見どころ2】男役初挑戦の宮澤佐江の男らしさ

 AKB48のメンバーからも「男っぽい」や「イケメン」ともてはやされている宮澤佐江が、自身初の男性役に挑戦。しかもこの役が入り組んでいるのが、女性である宮澤佐江が演じる男子高校生の「浦川実」は女装し、「浦川みのり」としてAKB48に研究生として活動するというもので。女性が男性として女装する、という倒錯を重ねた難しい役どころなのだが、これを宮澤佐江が好演。キチンと男性を演じることによって、女装した「浦川みのり」の姿では、本来女性に戻るはずが、キチンと“ちょっと違和感のある女性”に見えるのだ! 本来の性別に戻っているはずなのに! 1つ1つの仕草にも“男”の垣間見える宮澤佐江の演技に注目です!

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=714145

宮澤佐江

ちゃんと「男が女装している」ように見える所作にも注目

【見どころ3】SKE48からの刺客松村香織と谷真理佳のコメディリリーフ力

「努力・友情・勝利」盛りだくさんの熱い青春ストーリーとして話の進んでいく『AKB49~恋愛禁止条例~』。そんな中、たまに出てきては息の合ったハイテンションギャグで会場を和ませるSKE48松村香織と谷真理佳のコンビ。あるときはアイドルオタク、あるときは男子生徒、あるときは掃除婦のおばちゃん等、様々に衣装を変えながらも、出てくるたびに繰り出されるハイテンションなコンビネーションに会場は笑いの渦に包み込まれていた。現役アイドルらしからぬ突き抜けた演技、要注目です!

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=714142

松村香織,谷真理佳

松村香織と谷真理佳が出てくるシーンは会場中に笑い声が

【見どころ4】懐かしのあの楽曲が聴ける

 結成9年目を迎え、楽曲の数も増え続けるAKB48グループ、どうしても今現在ライブで見れる曲は限られてきてしまう。そんな中、今回の舞台では懐かしいあの曲やこの曲など様々な懐かしい曲も披露。ネタバレになるといけないので曲名は伏せますが、宮澤佐江主演で、一番最初に歌うのが“あの曲”だったり、キチンと楽曲の立ち位置などにも配慮された構成となっております。ミュージカルならではのアレンジにも注目です。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=714191

『鏡の中ジャンヌダルク』など懐かしい曲も盛りだくさん

【見どころ5】AKB48劇場の再現度

 実在のAKB48を題材にするからには、舞台中で主人公らAKB48研究生がライブを披露するのはもちろん『AKB48劇場』。この劇場の再現度がスゴいんです。公式ファンクラブ『二本柱の会』の由来ともなった2本の柱が、観客からは邪魔にならないよう両端ギリギリに再現されてるんですが、細かなディティールへのこだわりもスゴい! 劇中、主人公は12期研究生として活動する設定なのだが、リアルAKB48の12期生が研究生として活動していたのは2011年頃、この頃AKB48は活動5周年を迎えており、1周年毎に柱に増えていくピンクのテープは5本。今回の舞台で再現された柱に貼られたピンクのテープも5本! 舞台の上で行われていることが現実にあったことじゃないかと錯覚させる作りとなってますので、隅から隅まで目を凝らして見て下さいね。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=714141

AKB48

メンバーの後ろには回すと鏡になるAKB劇場と同じ仕掛けも

 ミュージカル『AKB49 ~恋愛禁止条例~』は9月16日まで渋谷のアイア シアタートーキョーにて公演中。

※詳しくは公式HP⇒http://www.nelke.co.jp/stage/akb49/

<取材・文/DDマツ 撮影/西田周平>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中