ムネリンにライバル出現!? ラテン系メジャーリーガーがイチロー愛を激白

ヌニェス

日米野球で初ヒット。両手を挙げて深々とお辞儀をしてみせたヌニェス

 ヤンキースとの契約が満了したイチローの去就に注目が集まっている。全盛期からの衰えを指摘する声はあるものの、走攻守でなおも輝く41歳のレジェンドの伝説の続きが見たいというファンは少なくない。そうしたイチローの“ファン”は選手の中にもたくさんいるという。

「イチロー・イズ・マイ・ガイ!」

 直訳すると「イチローはボクのオトコ」と、ややもすればアブナくも聞こえるフレーズで語ったのは、元ヤンキースのエドゥアルド・ヌニェス。今回の日米野球にも来日した、現ツインズ所属の内野手だ。もちろん、そっちの意味ではなく(と思う)、親しい間柄同士で使われる「マイ・ガイ」、要は「仲良し」という意味で使ったのだろう。ヌニェスはイチローについて、垂下がった目尻をさらに下げて嬉しそうに語った。

 日米野球取材中、イチローとの写真について尋ねた時のことだった。写真動画の共有SNS「Instagram(インスタグラム)」には、イチローの膝に顔をうずめるヌニェスの写真が掲載されている。キャプションには、「the best Japanese guy ever! (今までで最高の日本のオトコ!)」。最大級の敬意と親しみが込められたキャプションが添えられている。

イチローとヌネス

イチローとヌネス。ファンからも「微笑ましい」と話題に

 もともと一般名称としてのguyは、「感じのよい男」という含みが意味にあったという。ドミニカ共和国出身のヌニェスは英語が母国語ではないが、恐らくイチローの人柄の良さも含めてこう言ったのだろう。実際に尋ねるとヌニェスは、「イチローが選手として素晴らしいのは言うまでもないけど、彼は本当にたまらなくいいヤツなんだ」と思い出すように満面の笑みで答えた。

◆’12~’13年はチームメイト。苦労人のヌニェス

’12~’13年までイチローとチームメイトだったヌニェスは、マイナーリーグで最優秀賞を獲得し、’11年に「どこでもやります」とユーティリティ・プレイヤーとしてメジャーに昇格。主に、デレク・ジーターやアレックス・ロドリゲスというメジャーを代表するスター選手のバックアップとして起用されることとなった。イチローも、ヤンキースでは先発ライト1番というレギュラー選手ではなく、バックアップやユーティリティとしての起用が主だった。

 同じユーティリティという共通項はあれど、そつなく華麗に役割をこなす大ベテランのイチローとは対照的に、ヌニェスは不器用さと一生懸命さがプレーに出る若手選手。エラーが多いのがタマにキズだが、それも年々格段に少なくなっている。

 何より有名なのは走塁。ヌニェスが走るとなぜかヘルメットが次第に浮いて飛んでいってしまう。現地メディアでも「魔法のように飛んでいくヌニェスのヘルメット」と繰り返し報じられているが、本人いわく、「わからないんだ。一生懸命走っているだけ」。そのため、チームメイトやファンもヌニェスがヒットで出塁すると、「いつヘルメットが飛ぶだろうか……」とちょっと期待しながらも見守るのがお決まりのパターン。全力プレーでチームに明るいムードをもたらす選手なのだ。

ヘルメットにテープを貼られて喜ぶヌニェス

飛んで落ちないようヘルメットにテープを貼られ、喜ぶヌニェス

 ケガにも見舞われ、思うような結果が出せなかったヌニェスは、’13年シーズンを終えるとツインズへ放出。今季もツインズで、内外野様々なポジションで出場機会を得ては懸命に走り、ヘルメットを飛ばした。

 厳しいときでも前向きなヌニェスは、「僕はどんなときも愉快なヤツでいたいんだ」と、たくましい笑顔をのぞかせる。そうした姿勢は、同じくイチローを愛してやまないムネリンこと川崎宗則を彷彿させる。「逆境を笑え」という座右の銘を掲げ、同名の著書を出しているムネリンは、ラテン系の選手との交流も深い。

◆スペイン語でラテン系選手を笑わせるイチロー

 イチローは時々、スペイン語も使ってラテン選手とコミュニケーションを取るという。ヌニェスいわく、「イチローのスペイン語はそれほど上手くはないけれど絶妙なんだ」とのこと。ラテンの選手たちの間で、バカ受けしているのがイチローのフィールドでのつぶやき。盗塁を成功させた後、すました表情のまま、イチローはスペイン語で「今日はそんなに速くないな」とつぶやいたりするとか。守備についている選手は笑いを堪えるのに必死なのだそうだ。

「正確に伝えたい」とインタビューには日本語で真摯に答える姿が印象的なイチローだが、実は英語はペラペラ。普段はスラングも交えながら周囲を笑わせたりすることでも知られる。行く末を案じる声も聞かれるが、イチローはどこへ行こうとも生き生きとプレーし、輝きを放ってくれるに違いない。ヌニェスの言葉を借りれば、「選手としても人としても最高」なのだから。

<取材・文/松山ようこ(スポカルラボ)>
http://www.facebook.com/SportsCultureLab
スポーツをカルチャーとして表現するメディアコンテンツ制作ユニット。スポーツが持つ多様な魅力(=ダイバーシティ)を発信し、多様なライフスタイルを促進させる。

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中