NHK大河ドラマ『花燃ゆ』のヤマ場はいったいどこなのか【コラムニスト・木村和久】

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その56 ―


 大河ドラマファンとしては「花燃ゆ」の女性視聴者重視、メルヘンチックな演出に戸惑いつつ、視聴率が気になって仕方ない。3話目には、えらくひ弱な久坂玄端を登場させ、おみくじを再び引かせる勇気を文は与えたって、こんな軟弱な演出、大河でアリですかね。けど視聴率は3話目から上向きになっており、4話目の吉田松陰の密航事件で、オヤジの心をわしづかみにしたと思う。これでひと安心だが、気を抜くとすぐ落ちますからね、ぜひ頑張ってもらいたいところだ。

NHK「花燃ゆ」公式ホームページ

NHK「花燃ゆ」公式ホームページより

 最近のNHKのドラマ作りは、いろいろ試行錯誤している部分があって意欲は買うが、外れも多い。朝の連ドラは「マッサン」を主人公に男臭くし、大河は女性を主人公にして女性層に支持されようと狙ったのは言うまでもない。

 女性が主人公といえば、2年前の「八重の桜」のコケぶりが思い出される。綾瀬はるかに鉄砲持たせるというのもね、江角マキ子にペンキ持たせた方が良かったんじゃないか。八重の桜の何が見てて辛いかって、負けるのが分かっている会津戦争を延々毎回流されても、こっちが辛い。しまいには戦争が終わる前に、大河ドラマを放棄してしまった。

 女性が主人公で、しかも歴史上の偉人の関係者の場合、輝くスターが死ぬと、話が急につまらなくなる。今回は吉田松陰の妹としての文がいるわけで、吉田松陰が亡くなってしまうと、存在価値が減る。文は久坂玄端の妻となるが、久坂も禁門の変の流れで自害する。若くして未亡人となった、文はまた第二の人生を送るが、そこらへんをドラマにして、果たして面白いのだろうか。

 となると花燃ゆで一番面白いのは、黒船来航から、禁門の変までではなかろうか。その今一番面白いとこで、視聴率が低迷してては、この先が思いやられる、そう言いたいのだ。

 ある作家が言ってたが「SFと歴史物語は作り方が一緒、文法や法則さえ守れば、あとは自由に創作していい」ということらしい。SFは科学的根拠、歴史ものは歴史的事実である。「村上海賊の娘」を書いた、和田竜氏は、創作するにあたって、村上海賊に本当に娘がいたか調べまくり、ある家系図に「女」と書かれたものを発見し、確かに娘がいたことを突き止めたそうだ。そこからは歴史文法に乗っ取り、自由に創作したという。

 大河は誰でも知っている歴史的事実をもとに描くから、大筋は変えられない。だからって、細かい演出をメルヘンにするのも、新たなファンを捕まえることができるとは思うが、オールドファンはどうか? 今後を注目したい。

木村和久

木村和久

 と、そんなことを思いながら電車に乗っていたら、花燃ゆのふるさと前橋って、でっかいポスターが目に飛び込んで来た。なんで前橋なのか? それは久坂が自害したあと、初代群馬県令となった、楫取康彦と再婚をするからなのだ。花燃ゆで、まさか前橋が盛り上がっているとは。多分群馬県は世界遺産、富岡製糸工場と抱き合わせで売りたいのだろう。

 というか、前橋編に辿りつけるのかが凄く心配だ。禁門の変が終わったら、見るとこがなさそうだもの。だいたいこのドラマのクライマックスがどこなのか、皆目見当がつかない。それが問題だよね。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中