なぜか「低スペックな男」がモテている。低収入、顔も普通以下なのに…

◆恋愛市場においては金持ちより飾らない低スペックに勝機あり!

“低スペックな人”のほうがモテる 低収入でフツメン以下。恋愛には縁のなさそうな低スペック男が、驚くような美女と付き合っているケースを見たことはないだろうか。

「恋愛市場は1割のモテ男が女を独占する寡占状態。それを聞くと多くの男は『結局、美女にモテるのは、タワマン高層階に住んでる富裕層だろ』と思いがちですが答えはノー。実社会において“低スペック”と呼ばれる層こそ、モテているケースは多いのです」

 そう語るのは「恋愛工学」を提唱する藤沢数希氏。とはいえ先の見えないこのご時世。「男は顔じゃない」は定説だが、低スペックの中でも特にネックとなる低収入なんて忌み嫌われると思うが……。

「お見合いのような条件婚では収入の多寡は関係してきます。が、女性が『この男に抱かれたい』と思うのは、石器時代から進化していない脳による本能的な衝動。金持ちは『モテよう』と自慢話をしがちですが、それだとカネで釣らないと女に相手にされない低レベルの男と烙印を押されて下に見られる。モテる低スペック男たちは下手な自己アピールをせず、自然に女性と接して、むしろカネをアピールしなくてもモテている高レベルな男になりすまします。結果、男に追われるよりも追いたがる女の生殖本能を刺激するわけです」

 実社会での収入格差がそのまま恋愛市場に反映されるわけではないのだ。

【藤沢数希氏】
「金融日記」管理人。男女の恋愛行動、リスク・マネジメントの技法を数値化した「恋愛工学」を提唱。ブログ「金融日記」は月間100万PVを誇る http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/

― [低収入・ブサイク・コミュ障]でもなぜかモテる男の極意【1】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中