恋愛・結婚

なぜモテる? 女性を引き寄せる「メンヘラ磁石男子」とは

 平均以下のルックスや年収にもかかわらず、「なぜかモテる」男たちがいる。今回、その「なぜ」を追ってみると、彼らは時代の要請に応え、「女性にとって都合がいい」というポジションを獲得していた。それぞれの捨て鉢とも言うべきテクに迫る!

メンヘラ磁石男子【名称:メンヘラ磁石男子】
生息地:事務系オフィス、街場の飲み屋
標的:20~30代のメンヘラ系
キメゼリフ:「俺も同じだからわかるよ」
お相手:心を閉ざしたメンヘラ女

「横から目線」で警戒心をすり抜ける


 交際相手がことごとくメンヘラという井出隆行さん(仮名・38歳・通信)は、その口説き方もなんだかややこしい。

「直接女性には行かず、職場の先輩とかバーのマスターとか自分より年上の共通の知人に好かれるんです。すると女性にとって『なんとなく信用できる人』となり、仕事の愚痴とか悩みを相談されるようになる。そこで『自分も同じタイプだから、よくわかる』と共感しつつも、『でもそれじゃあダメだよ』って説教ですね。ここまでいくと“自分をわかってくれる人生の先輩”的な存在になるので、あとは流れでって感じです」

 こんな回りくどい、芝居がかった口説き方で落ちるのがメンヘラばかりというのも納得。S極とN極のように、互いに引き寄せ合っているのだろう。

次のページ 
メンヘラ磁石男子の分析結果

1
2




おすすめ記事