新型ロードスターを見て性的な衝動を覚えました。【自動車評論家・清水草一】

大躍進中のマツダから、新型ロードスターが登場しました。今度のロードスターは4代目。相変わらず、運転することが楽しいライトウェイト・スポーツカーは健在で、たちまち中年男のハートを鷲づかみに。まるで目の前にセクシーな深田恭子がいるかのように、深キョンの連呼であります。新型ロードスター、最高です!

ロードスターMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆深キョンのようなロードスターがあればアルファロメオはもはや不要なり!

 こ、これは、いよいよ、本当に本物の景気回復の証しなんでしょうか!?

 日本人が国産スポーツカーに見向きもしなくなって幾星霜。まあだいたい15年くらいですかね。ポルシェやフェラーリなど超高級スポーツカーは別枠で売れ続けたが、この15年で国産スポーツカーはほぼ全滅した。

 売れたのはひたすら節約志向のエコカーだけ。給料も物価も下がり続けるデフレ下で、大衆はひたすら家計の縮小均衡を志向したのである。涙。

 それが今年に入って、ホンダS660、そしてこのマツダ・ロードスターと、立て続けに国産スポーツカーが登場し、どっちも凄い人気だ。

 実際の販売台数は大した数字にならないだろうが、デフレ期とは世間の熱気が違う。サカリがついたようになっている!

 実際にこの新型ロードスターを見ればサカリもつこう。とにかくものすごくセクシーだから! 草食から絶食へ向かっていた日本男児が、突然回春しても不思議はないほどに。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=833779

ロードスター

新型ロードスターは「S」(6MTのみ、249万4800円)、「Sスペシャルパッケージ」(6MT270万円、6AT280万8000円)、「Sレザーパッケージ」(6MT303万4800円、6AT314万2800円)の3グレード。先行予約商談の件数が、開始から10日あまりで2000件を突破したそうです

 ボディサイズは相当ちっこい。初代より小さくなっているくらいだ。重量も先代より100㎏くらい軽い。エンジンも2リッターから1.5リッターへ大幅に小型化した。そのあたりはデフレ的な縮小均衡そのものだが、それで魅力は10倍増! そんな感じです。

 魅力の源泉は、まずはこのセクシーなデザインだ。国産車を見て、性的な衝動を覚えるなんてのは、ひょっとして生涯初めてかもしれぬ。

 ロードスターと言えば、初代以来、清楚な美少女系で通してきたが、歳月とともに徐々に太ってピュアさを失い、美少女ぶりは劣化。それが今度のロードスターは、清純系に立ち戻りつつ、成熟してセクシーになっている。

 この控えめに出るところは出たふくよかなボディ。どこにも余計なエッジのない、全面的に女性的なシルエット。キュッと締まったお尻のセクシーさはどうよ!? かつての美少女は25年の時を経て、深キョンになりました。そんな気がするじゃないか。

 このセクシーなスタイルを見たら、もうアルファロメオはいらない。このクルマ、フィアットグループにも供与されて、デザインを手直ししエンジンを換装されて「フィアット124スパイダー」になる予定だが、それもいらない(まだ出てないけど)。この深キョンが地上最高! そんな感じッス。

⇒【後編】「新型ロードスターはATでも深キョンなビンカン&カイカンが味わえる!」に続く http://nikkan-spa.jp/833756

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中